Windows

Microsoft Edge、Fluent Designを採用する予定。

インターネットブラウザー愛好家も楽しい新しいMicrosoft Edgeが最近リリースされました。 このアプリはOperaやGoogle Chromeと同じChromiumをベースにしており、Googleサービスと高い互換性があります。 またマイクロソフトはChromiumのコミュニティに貢献しており、ここ1年ほどでかなりの改良がWindows向けのChromiumブラウザーすべてに行われました。

 

Fluent Design開発中

そんなMicrosoft Edgeですが、Fluent Designシステムが採用される予定です。 最近Fluent Designに関するユーザーフィードバックを行っていることから、現在開発中のようです。

「私たちのデザイナーと協力してFluent Designランゲージと調和し、使いやすさとアクセシビリティの基準を満たしているルックアンドフィールを取得しています」とEdgeチームは話しています。

 

Edgeチームが開発中のその他のこと

最近Microsoft Edgeチームが開発し、実装する予定のものは以下のリストです。

  • Microsoft Edgeのメインインターフェイスのテーマ
  • タブとブラウザーボタンのデザインの再検討
  • タッチ操作と透明性、その罪の調整
  • タブやボタンのアニメーション
  • タッチサポートのないデスクトップ向けの小さなタブやアドレスバー、ツールバー
  • 新しいアニメーション

残念ながら新機能が実装される時期は不明ですが、2020年内に提供される見込みです。

Microsoft Edge might get Windows 10's Fluent Design
Microsoft Edge might get Windows 10's Fluent Design

After approximately one year of beta testing, Microsoft has ...

続きを見る

--

 

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq