Windows

Microsoft Store、今後縮小へ…? アプリの提供方法を再検討。

マイクロソフトはWindows 10で提供しているアプリストア、Microsoft Storeの展開及びアプリの提供方法について戦略を見直しているとZDNetのMary Jo Foleyは報じています。 昨年マイクロソフトのWindows Developer PlatformのコープレートバイスプレジデントであるKevin Gallo氏は「ストアは取引に使う物です。 配布は別の方法がある。 とはいえ、ユーザーはストアでアプリを入手する以外にも選択肢はあります」とコメントしていました。

 

縮小を計画?

Foley氏の報告によると、2020年6月30日からMicrosoft for BusinessとMicrosoft Store for Educationの閉鎖を計画しているとのこと。 このバージョンのストアは、企業及び教育機関が厳選されたアプリを提供したり、社内アプリをアップロード出来ました。 なお、UWPアプリに必要なコーディングをした企業は恐らくほとんどありません。

 

既にハシゴは外されつつある

またMicrosoft Storeの優先度を引き下げたことで、Windows 10 20H1以降ではタスクバーのデフォルトアプリからMicrosoft Storeのピン止めは外される予定です。 Microsoft StoreはWebストアとしては今後も残るとしていますが、Windows 10のアプリストアとしていつまで残ることが出来るかは「わからない」と指摘しています。

 

Microsoft Store、不要説を唱える人は少なくない

Microsoft StoreでWindows アプリを入手する人はそれほど多くないのが現状です。 多くの人は他の場所でアプリやゲームを入手するのを好みます。 しかし一方でアプリやゲームのアップデートなどを一カ所で行うことが出来、安心してアプリを入手出来る場所は必要ではないかと思います。

 

--

PCレビューするときにわざわざ色々なアカウントのサインインして検証するの面倒なので、Windowsストアで一通り入手出来る現状の方が個人的には便利なんですけどねー。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.