Windows

Chromium版Edge、Google Stadiaがブロックされるようになったようです。

画像

MicrosoftはブラウザーアプリMicrosoft EdgeでGoogleの度重なる謎の仕様変更により、Googleのコンテンツが正常に利用できなくなる問題を回避するため、Google Chromeと同じエンジンであるChromiumを採用したMicrosoft Edgeを1月15日から提供予定です。 既にベータ版がリリースされているこのアプリですが、最近Stadiaのゲームサービスが動作しないように変更されました。

 

Edgeで動作せず

The Vergeによると、これは過去のGoogleの取り組みと同じ手法です。 新しいMicrosoft EdgeはChromeと同じエンジンを使っており、Googleのコンテンツと高い互換性があります。 そこでGoogleはライバルのサービスを利用させないようにするため、ユーザーエージェント(UA)を使ってMicrosoft Edgeをブロックしました。 つまり、開発者モードでUAを偽造すれば、Edgeでも動作します。

 

意図的にしか思えないミス

Googleは過去に頻発した類似の問題に対して、「単なるミス」であるとして後に修正しました。 しかしGoogleが何度も、一定の期間このような警告メッセージを使ってChromeに誘導しているのは本当に単なるミスなのでしょうか。 Googleは現在この問題の声明を発表していません。

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.