Windows

Windows 10 20H1ではドライバーのアップデートやインストールがより簡単になるかも知れない。

Windows 10の累積的な更新

マイクロソフトは2019年のWindows 10のアップデートは比較的小規模なアップデートにとどめており、2020年のアップデートで大量の新機能を追加する予定です。 そんな2020年のWindows 10、通称20H1では、新しいドライバーのアップデートとインストール方法が採用される予定です。

 

新機能

マイクロソフトは、Windows10 Build 19536の更新情報にて、ドライバーと毎月のセキュリティ以外の品質更新プログラムのインストール方法についてコメントしています。

この機能を使うと、サードパーティのソフトウェアやデバイスマネージャーなしでオプションの更新を管理するためのWindows Updateの新しいセクションがユーザーに提供される予定です。

 

更新のオプション

Windows Updateの[更新のオプション]と呼ばれるセクションでは、ドライバーや毎月のアップデートといった今までのアップデート以外のオプションアップデートを一カ所で設定出来ます。 つまりアプリやデバイスマネージャーを使って特定のドライバーを更新する必要がなくなります。

マイクロソフトによると、Windows Updateは自動的に最新のドライバーを取得しますが、更新のオプションで設定すると、特定のドライバーインストールをさらに細かく制御することが可能とのこと。

 

Windows 10 is getting an easier way to update and install drivers
Windows 10 is getting an easier way to update and install drivers

Windows 10’s next major update scheduled for release in 2020 ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , ,

© 2020 WPTeq