Windows

Microsoft Edge、URLをすぐにQRコードにしてシェアする機能が搭載へ。

マイクロソフトはChromium版Microsoft Edgeを2020年1月にリリースする予定です。 このMicrosoft EdgeではカスタムQRコードを使い、スマートフォンに簡単にページを渡すことができる機能が追加される予定のようです。 現在”カナリア”ビルドのユーザーはMicrosoft EdgeのFlagsを変更することでこの機能を利用できます。

 

有効にする方法

Microsoft EdgeのブラウザーURL欄に「edge://flags」と入力し、QRコードによるシェア機能を有効にすると検索することで、この機能を有効に出来ます。 今のところマークは表示されますが、意図したとおりに動作しない可能性があります。

 

新しい共有方法

Microsoft Edgeにはスマートフォン版Edgeを使ったシェア機能がありますが、今後はQRコードもサポートしていくようになるかも知れません。

Microsoft Edge now allows users to share webpage URL via QR Code - MSPoweruser
Microsoft Edge now allows users to share webpage URL via QR Code - MSPoweruser

Ahead of the official launch in January, Microsoft has been ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq