Windows

Surface Pro 7とSurface Pro 6、Surface Pro Xの違いとは?

マイクロソフトが2019年/2020年展開するSurface Pro 7とSurface Pro X。 そして2018年モデルであるSurface Pro 6の3つのモデルを比較してみました。

 

基本的な違い

 

Surface Pro 6とSurface Pro 7は基本的に同じ

2018年に発売されたSurface Pro 6と2019年のSurface Pro 7は基本的には同じコンセプトのデバイスです。 アップグレードされたSurface Pro 7には、メインCPUが2世代変わった第10世代Intel Core プロセッサが搭載されていたり、USB-Cポートがあるといった違いはあるものの、デザインやできることは大きく変わっていません。

 

Surface Pro Xは全く異なる

 

日本の一般販売は2020年になるSurface Pro Xは、次世代感のある新しいSurface Proのラインナップです。 この機種はデザインが一から設計されており、ベゼルが薄くタイプカバーにペンを収納できるなどの新しい機能もあります。

しかしARMプロセッサを採用しているため、できることにも違いがあります。

 

Surface Pro 6とSurface Pro 7を比べる

 

大きさは変わらない

「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」 1

Surface Pro 7とSurface Pro 6の大きさは基本的に変わりません。 並べてみても、全く同じです。 ディスプレイのサイズやUSBポートの配置なども変わっていません。

 

性能の違い

  • 第8世代 Intel Core プロセッサーが第10世代プロセッサーにアップグレード。 処理速度が向上しました。
  • 標準搭載ストレージが最大1TBから最大512GBにダウン。 Surface Pro 7では代わりにNBMe SSDを取り外して付け替えることが可能です。
  • Wi-Fi 11acからWi-Fi 6へとアップグレードされ、超高速無線通信に対応しています。
  • 従来搭載されていたMini DisplayPortが廃止され、代わりに充電やデータ転送、映像出力が可能なUSB-Cポートに変更されました。

 

「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」の違い - フォトスク
「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」の違い - フォトスク

「Surface Pro 7」と「Surface Pro 6」の違いの記事について掲載しています。マイクロソフト「Sur ...

続きを見る

 

Surface Pro XとSurface Pro 7を比べる

 

大きさの違い

「Surface Pro 7」と「Surface Pro X」 1

サイズが若干異なり、Surface Pro Xではベゼルが薄くなったことで、横幅が小さくなりました。 ただし縦幅はわずかに大きくなっています。

 

プロセッサの違い

大きな違いはIntelプロセッサまたはARMプロセッサかの違いです。

 

Intelプロセッサを搭載しているSurface Pro 7は従来のWindowsアプリケーションと高い互換性があり、基本的にすべてのWindows 10 アプリケーションが動作します。

ARMプロセッサを搭載しているSurface Pro XはARMアプリケーションとWin32アプリと互換性があります。 Win64アプリケーションを含む一部のアプリケーションと互換性がありません。

なのでSurface Pro Xでは今のところ動かないアプリがある可能性があります。

 

性能の違い

  • Surface Pro XではARMプロセッサを採用しているため一部動かないアプリケーションがある。
  • Surface Pro XではLTE回線対応モデルが存在する
  • Surface Pro Xでは長時間バッテリーに対応している
  • Surface Pro Xでは新しいペンを収納できるタイプカバーが利用できる
  • Surface Pro Xでは新しいSurface Penが利用可能。 Surface Pro 7に近づけると充電できる。
  • Surface Pro 7ではより多くのWindowsアプリケーションと互換性がある
  • Surface Pro 7は従来のSurface Proアクセサリーと互換性がある。

Microsoft Surface Pro 7

このモデルについて

マイクロソフトが2019年に発売したSurface Pro。 従来のSurface Pro 6(2018)からプロセッサがアップグレードされ、今までよりももっとパワフルなモデルになった。 バッテリーは最大10.5時間。 別売りのSurface PenやType Coverを使えばノートパソコンやタブレットとしても使いやすいモデルです。 
 

スペック

  • ディスプレイ: 12.3インチ PixelSense ディスプレイ(2736 x 1824)
  • CPU: Intel 第10世代 Core i3/Core i5(ファンレス)/ i7(ファンあり)
  • RAM:  8GBまたは16GB
  • ストレージ: SSD 128GB/256GB/512GB/1TB
  • バッテリー: 最大13.5時間
  • キーボード: 別売取り外し可能なタイプカバー(Pro 4以降のモデルのタイプカバーが利用できます)
  • マウス:別売 Bluetoothマウス
  • Wi-Fi: 11a/b/g/ac
  • Bluetooth: 4.1
  • OS: Windows10
  • Office: Office Home &Business 2019付属
  • 重量:770g-784g
  • その他: USB-Cx1、USB-Ax1、3.5mmイヤホンジャックx1、Surface Connectx1
 

Microsoft Storeで見る

Surface Pro 6のレビューを見るSurface Pro 7の記事を見る
マイクロソフト Surface Pro 7 / Office H&B 2019 搭載 / 12.3インチ /第10世代 Core-i7 / 16GB / 1TB / プラチナ VDX-00014
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 288,000 ¥ 295,680
  • 販売者 オーケー商会オンラインショップ
クリックして今すぐチェック

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.