Windows

Surface Laptop 3、従来機種よりも修理しやすくなっているようです。

マイクロソフトのSurfaceシリーズといえば、コンパクトなボディや通気口の目立たなさ、ねじ穴などがないことから見ても修理は非常に困難なデバイスとして知られています。 またSurface Laptop 2についても最も分解が難しいノートパソコンと評されたこともあります。 そんなSurface Laptop 3ですが、分解の難易度が大幅に下がっているようです。

 

分解難易度が低下

Surface Laptop 3では基本的にラップトップの足の下の4つのねじで固定されており、それを取り外すと磁石で固定されたキーボードを取り外すことができます。 そのあとは複数の部品がモジュール化されており、スピーカーやヘッドフォンジャック、SSDドライブといったものを取り換えることができます。

iFixitはSurface Laptop 3の分解難易度を10点満点中5点の修復の可能性ありという評価となっています。

 

確実に進化

過去のSurface Laptopと似たデザインを維持しつつ、Surface Laptop 3ではより修理しやすい設計へと変更されました。 一部のモジューラーコンポーネントは、まだアクセスが困難なものがあり、バッテリーは接着タブなしで取り外すのは悪夢のようだと評価されていますが、過去のモデルに比べればはるかに進んでいるといえます。

Microsoft Surface Laptop 3

このモデルについて

マイクロソフトから2019年10月22日に発売したSurface Laptop 3。 従来モデルよりもさらにパワフルなプロセッサを搭載。 あらたに15インチモデルが加わった。 一般用15インチモデルではAMD CPU/GPUを搭載しており、ゲーミンググラフィックス性能が高まっている。 スタンダードなノートパソコンスタイルでSurfaceのラインナップの中でも人気のあるモデル。 
 

スペック

  • ディスプレイ: 13.5インチ PixelSense ディスプレイ(2245 x 1404) / 15インチ PixelSense ディスプレイ
  • 13.5インチモデルのCPU: 第10世代 Intel Core i5(ファンレス)/ i7(ファンあり)
  • 15インチモデルのCPU(一般向け):Ryzen 5 3580U / Ryzen 7 3780U
  • RAM:  8GBまたは16GB
  • ストレージ: SSD 128GB/256GB/512GB/1TB
  • バッテリー: 最大11.5時間
  • キーボード: 本体一体型(取り外せません)
  • マウス:別売 Bluetoothマウス
  • Wi-Fi: 11a/b/g/ac/ax (Wi-Fi 6)
  • Bluetooth: 5.0
  • OS: Windows10
  • Office: Office Home &Business 2019付属(初期モデルは2016、海外版は付属なし)
  • 重量:13.5インチで1265g-1288g、15インチモデルで1544g
 

Microsoft Storeで見る

Surface Laptop 2のレビューを見るSurface Laptop 3の記事を見る
Microsoft Surface Laptop 3 (15-inch) Teardown - iFixit
Microsoft Surface Laptop 3 (15-inch) Teardown - iFixit

Teardown of the Surface Laptop 3 reveals a shocking turnarou ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.