Windows

「SWAPGS攻撃」対策アップデートが配信開始、Windowsユーザーは早めにアップデートを【Windows セキュリティ】

マイクロソフトはWindows 64bitで影響を受けるCPUの脆弱性の問題のリスクを軽減するアップデートの提供を開始しています。

 

SWAPGS攻撃とは?

2018年1月に問題となったIntel CPUの脆弱性「Spectre」の亜種で、「Spectre SWAPGS」と呼ばれています。 これは2012年から今日までに製造されたすべてのIntel CPUが影響を受ける問題です。 また今回の問題はIntelだけではなく、AMDプロセッサのx86-64でも影響があるとされています。

 

アップデートで修正を

マイクロソフトはこの問題に対応する修正プログラムの配信を開始しています。 Windows10を使っている場合、Windows Updateから最新のアップデートを受け取るようにしておきましょう。

Microsoft Confirms New Windows CPU Attack Vulnerability,  Advises All Users To Update Now
Microsoft Confirms New Windows CPU Attack Vulnerability, Advises All Users To Update Now

A security vulnerability that affects Windows computers runn ...

続きを見る

https://portal.msrc.microsoft.com/en-us/security-guidance/advisory/CVE-2019-1125
https://portal.msrc.microsoft.com/en-us/security-guidance/advisory/CVE-2019-1125

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.