Windows

米選挙、2020年にサポートが終了したWindows7で投票予定。

「Windows7」の画像検索結果

2020年に使用される電子投票機の大多数はWindows 7で実行されるかもしれません。 何が問題なのかというと、Windows 7は2020年1月にすべてのサポートが終了する予定のオペレーティングシステムです。

マイクロソフトはWindows 7を2020年1月に終了した後、何らかの理由で切り替えることができない企業のために有料アップデートを2023年まで提供する予定です。

 

Windows7投票機は大きな問題

「非常に深刻な問題です」そう語るのは選挙警備専門家のミシガン大学教授、J.Alex Halderman氏。 AP通信の調査によると、複数の州がWindows 7問題を抱えていることが判明しました。

米国選挙支援委員会委員長のChristy McCormick氏は、ロシアが2016年の大統領選に影響を及ぼそうとしたことは照明されていることで、2020年にも同様の試みが行われると信じられていると話しています。

サポートが終了したWindows 7の投票機はハッキングを受けるリスクが非常に高いため、本来採用するべきではありません。

AP: New election systems use vulnerable software | Fox17
AP: New election systems use vulnerable software | Fox17

WASHINGTON (AP) — Pennsylvania's message was clear: The stat ...

続きを見る

 

家庭では早めにアップデートを

企業、家庭問わず何らかの理由でWindows 7環境がまだ残っているという人は、Windows10へのアップグレードを早めに行いましょう。 おそらくかなり古いパソコンとなっているはずなので、この機会に新しいパソコンに買い替えることをお勧めします。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.