Windows

マイクロソフト、デュアルスクリーンデバイスの興味深い”夜明けシミュレーション”特許を取得。

マイクロソフトが新しく公開した特許情報によると、デュアルスクリーンデバイスでは新しい、画期的な機能の特許があります。 これは「統合された夜明けシミュレーション機能を備えたスマートデバイス」と題されており、ユーザーを自然に目覚めさせるために折り畳みデバイスを使うという方法を説明しています。

この特許で登場するイメージは、Centarusデバイスと呼ばれるデュアルスクリーンデバイスと思われるイメージが使われています。 新しいヒンジデザインをはじめ従来のSurfaceシリーズにはないものが採用されています。

この特許では第1スクリーンで時計を表示、第2スクリーンで間接照明に使い、照明はユーザーの起床時間が近づくにつれて徐々に明るくなっていくことでユーザーが自然に目覚めることができます。

マイクロソフトは夜明けシミュレーションを実現しようとした最初の企業ではありません。 1890年頃に初めて特許を取得され、その後いくつかの研究があります。 一般的に朝の寝起きが悪い人を助けるものですが、うつ病を持つ人の助けにもなると考えられています。

この特許からわかることは、明らかにディスプレイが2枚あり、間接照明を使う必要があるという子です。 その一方でこれが利用できないデバイスでは一般的な目覚まし時計として機能することになるでしょう。

 

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 64,299
  • 販売者 グローリー・ロード
クリックして今すぐチェック

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.