Windows

Surface Pro 6とMac Book Air(2018)を比較!

3月といえば新生活の準備でパソコンを新たに買う、買い換える人も多いと思います。 今回は人気の2機種のパソコンを比較してみました。

違いを紹介

Surface Pro 6 Mac Book Air (2018)
Macにはないデジタルペンによる直感的な操作で1台でiPadとMac Bookの両方の機能を提供します。 Appleの最も手頃なノートブックで旧モデルから大幅に進化しました。 RetinaディスプレイやTouchID、Thunderbolt 3をサポートしています
長所
  • Windows Hello(顔認証)
  • ペンサポート
  • タッチサポート
  • 長時間バッテリー
  • クアッドコア
  • 高解像度ディスプレイ
  • Retinaディスプレイ
  • Windows10インストール可能
  • Touch ID(指紋認証)
  • USB-C Thunderbolt 3
  • 安定したバッテリー
短所
  • キーボードなどがオプションで高い
  • USB-C非対応
  • 高い
  • シングルデュアルコアプロセッサ

OSの違いを知る

Studio モードで Windows のスタート画面が表示された Surface Pro 6 (ブラック)

これらのデバイスの一番の違いはOSが異なるということです。 アップルはMacBook Airをアップグレードし、Windowsエコシステムと競合できるようなレベルにしましたがラップトップの域を出ていません。 Surface Pro 6はタブレットとラップトップの両方の機能を持っている混用デバイスです。

必要としている作業によって異なりますが、プラットフォーム選びは重要なことです。 どのように使っていきたいか考えて慎重に選びましょう。

 

ハードウェアはどちらも優れている

ハードウェアではどちらも高レベルな製造により、非常に優れたものです。

MacBook AirもSurface Pro 6もどちらも美しいものですが、プロセッサはSurface Pro 6の方が優れています。 Appleは7Wデュアルコア Intel Core i5を使っているのに対し、Microsoftは4コアIntel Core i5/i7を採用しています。

Surface Pro 6 MacBook Air 2018
プロセッサ クアッドコア Intel Core i5-8250U

クアッドコア Intel Core i7-8650U

デュアルコア Intel Core i5

 

グラフィックス Intel UHD 620 Intel UHD 617
RAM 8GB/16GB 8GB/16GB
ディスプレイ 12.4インチ 2736x1824 13.3インチ2560x1600
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB 128GB/256GB/512GB/1.5TB
ポート USB3.0、Mini DisplayPort、Surface Connect、MicroSD、3.5mmヘッドセット 2xUSB-C thunderbolt 3、3.5mmヘッドセット
価格 799ドルから 1199ドルから

 

パフォーマンスとグラフィックスではSurface Pro 6の方が優位ですが、MacOSとアップルハードウェアの統合と最適化により一般的な作業では大きな差はありません。

ハードウェアでの大きな違いはSurface Pro 6にはタッチディスプレイとペンがサポートされていると言うことです。 Appleデバイスで同じ事がしたい場合は別途iPadを用意する必要があります。

一方MacBook AirにはUSB-C Thunderbolt 3がありますが、Surface Pro 6にはありません。 ドックやディスプレイ、Thunderbolt 3外付けSSDなどのアクセサリーやeGPUを接続することが出来ます。 Macで必ずしも必要ではないかも知れませんがビデオ編集やCADを行う人にとってeGPUは役に立つ物です。

Surface Pro 6はSurface Dockで拡張することが出来ますが、eGPUは対応していません。 またSurface Type CoverやSurface Penなど別売り周辺機器を買う必要があります。

 

MacとWindowsの違い

MacとWindowsはことなる物ですが、多くの共通点があります。 Microsoft Officeのようにサードパーティのソフトウェアの多くは両方で展開されています。

AppleのエコシステムであるFinal Cut Pro XやLogicのような自社製ソフトウェアが絶対に必要という場合を除けばSurface Pro 6の方が対応ソフトウェアは豊富です。

しかしMac OSは使いやすく、なによりもiPhoneとUIが近いなどのメリットもあります。 もちろんマイクロソフトのソフトウェアの殆どはMacでも利用することが出来ますし、どうしてもWindowsソフトが使いたい場合、Boot CampなどのソフトウェアをインストールすることでMacでWindowsを使うことも出来ます。 しかしWindowsでMacは原則利用できません。

 

自分にぴったりの1台を選ぼう

どのように使っていくかはあなた次第です。

Surface Pro 6であればタブレットとノートパソコンの両方の機能を併せ持っており、美しいディスプレイやスタンドなどを利用することが出来、市場で最も柔軟性がある製品の1つとなっています。

MacBook Airはタブレット機能はありませんが、Thunderbolt 3による拡張性により将来的にもパワフルに使うことが出来ます。

どちらも良い製品ですが、あなたの用途によってぴったりの製品は異なります。

MSストアで見る

Microsoft Surface Pro 6 vs. Apple MacBook Air (2018): Which should you buy? | Windows Central
Microsoft Surface Pro 6 vs. Apple MacBook Air (2018): Which should you buy? | Windows Central

Should you get a Surface Pro 6 or a MacBook Air (2018)? Well ...

続きを見る

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.