Windows

新MacBook AirとSurface Laptop2を徹底比較! 実はSurfaceの方が薄い。

日本ではノートパソコンのシェア1位とも言われるMacBook Airの新モデルが発表されました。 私も発表会はリアルタイムで見ていたのですが、MacBook Airの発表で盛り上がる会場の様子を見ながらふと思ったんです。

Surface Laptop 2と比べるとどっちがいいのだろうか、と。

ということでSurface Laptop 2とMacBook Air 2018を色々と比べてみました。

 

重さは同じ

重量はMacBook Airは1.25kgと表示されていますが、どのモデルの重量かは不明です。 Surface Laptop 2はIntel Core i5搭載モデルが1.252kg、Intel Core i7モデルが1.283kgとなっています。

 

紙のように軽いMacBook Airとほぼ同じ水準と言えます。

 

Surface Laptopなら、封筒よりさらに薄い。

MacBook Air は高さが均一ではない丸みに帯びた形状ですが、0.41~1.56cm。Surface Laptop 2はなんと1.45cmなのでSurface Laptop 2の方が薄いということになります。

 

ディスプレイ解像度はMacBook Airが高い

モニターの解像度はMacBook Airの方が僅かに高いです。

画面サイズはMacBook Airは13インチ、Surface Laptop 2は13.5インチ。 アスペクト比が違うのですがほぼ同じサイズ感と言えるかも知れません。

Surface Laptop 2はSurfaceシリーズなので、液晶はタッチパネル。 切り離して使うことは出来ませんが、ペン入力も出来るので、PDFファイルにメモを記入するなどの使い方も可能です。

 

バッテリー持ちはSurface Laptop 2

実際の使用状況ではアプリやOS、バックグラウンドの機能などによってバッテリーの持ちは異なりますが、公式の発表ではMacBook Airは最大13時間のiTunesムービー再生、MacBook Airは最大14.5時間のローカル動画再生と発表しています。

なので少なくとも動画再生の面に置いてはSurface Laptop 2の方が長いと思われます。

 

 

基本性能は同じ

MacBook Air、Surface Laptop 2共に第8世代のIntel Core i5またはIntel Core i7プロセッサを採用しています。 またRAMも最低8GBでオプションで16GBに変更できるという部分も同じです。

唯一の違いはストレージで、最低はどちらも256GB SSD。 最大はSurface Laptopはストレージが1TBに対してMacBook Airは1.5TBなのでたくさんのファイルを入れることが出来ます。

なのでMacBook Airの方がストレージ面で有利です。

 

価格はMacBook Airが安い ※正し

気になるお値段ですが、以下の通りになります。

ちなみに最小構成は『256GB SSD/8GB RAM/Intel Core i5 第8世代』、高性能は『512GB SSD/16GB RAM/Intel Core i7 第8世代』の構成です。 Surface Laptop 2は1TB SSD、MacBook Airは1.5TB SSD構成に加えて15インチモデルもあるのですが今回は比較なのでここは省略しました。

Mac Book Air 2018 Surface Laptop 2
最小構成 145584円 148544円
高構成 216864円 280584円

最小構成の場合、価格は同じ程度の価格でわずかにMacBook Airの方が安いですがほぼ誤差の範囲といえます。 しかしSurface Laptop 2には日本だけ3万円相当のOffice 2016が初めから入っていることを考えるとSurface Laptop 2の方が安いともいえます。

高構成になると何故かSurface Laptop 2の方が高くなります。

 

拡張性について

Surface Laptop 2

  • USB 3.0 x1
  • 3.5mm ヘッドセットジャック
  • Miniディスプレイポート
  • Surface Connect端子(充電またはドックによる拡張機能)

MacBook Air

  • USB-C x 2(thundebolt対応 3.1Gen 2 充電端子)
  • 3.5mm ヘッドセットジャック

流行のUSB-Cが使える分、MacBook Airは非常に魅力的であるといえます。 私自身USB-Cが大好きで、USB-C目当てでSurface Book 2を買ったというところもあります。

しかし一方でSurface Laptop 2は既存のUSBポートがついているので、過去のアクセサリーが使えたり、比較的簡単にUSBメモリーやデジカメなどの周辺機器に接続出来ます。

これはこれで便利なので好みでしょうね。

 

まとめ

色々まとめてみましたがいかがでしたか?

例えばキーボードはMacの方がいいという人も多いかも知れませんが、Surfaceのキーボードも相当優れているので、個人的にはどっちでも良いと思いますし、今回のMacBook Airの売りのスピーカーも元々Surface Laptopのスピーカーはドルビー対応の評判が良いもののでどちらも高性能なものでしょう。

最終的にはMacで使うことが出来るソフトが使いたいのか、それともWindows環境で十分なのかで選ぶべきかな?と思います。(FinalcutやLogicはMacを購入する十分な理由になります)

逆に言えば、Macを選ぶ理由が明確でなければSurfaceの購入をお勧めします。

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.