Windows ニュース

マイクロソフトがアップルを超えて米国で最も価値のある企業へ。

マイクロソフトは2010年以来初めてアップルを超える時価総額7533億ドルを抱える米国最大の企業となりました。

ライバルを上回る

Appleは2018年8月には一兆ドルの米国企業になりましたがiPhoneの販売予想を下回ったことなどにより、7468億ドルに下がりました。 Amazonは7356億ドル、Alphabet(Googleの親会社)は7255億ドルとなっています。

今後の成長に期待出来る企業

マイクロソフトはスマートフォン時代の波には上手く乗ることが出来なかったかも知れませんが、現在成長しているクラウド(Azure)、ゲーム(Xbox)、そしてタブレットやコンピュータのポートフォリオを持っており、2019年第1四半期では291億ドルの収益と88億ドルの純利益を計上しています。 これは純利益として34%の増加です。

Microsoft Overtakes Apple to Become Most Valuable US Company | Beebom
Microsoft Overtakes Apple to Become Most Valuable US Company | Beebom

Microsoft has become the most valuable US company with $753. ...

続きを見る

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, ニュース

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.