Windows

Windows Defenderは見たこともないウイルスをたった8秒で検出する。

更新日:

image

Windows10 Creator's Updateでマイクロソフトはクラウド保護サービスを追加した最新のWindows Defenderをリリースしました。 これによりWindows Defenderは疑わしいファイルを検出するたびに迅速な分析のためにクラウドサービスにファイルをアップロードします。 アップロードされたファイルはクラウドベースの機械学習モデルとマイクロソフトインテリジェントセキュリティグラフを使ってミリ秒以内に安全か悪意があるのかの情報を返します。 マイクロソフトによると、Windows Defenderのデータベースに登録されていないマルウェアも8秒以内にクラウド保護サービスを使って駆除できているようです。

 

ユーザーがマルウェアプログラムをクリックするとWindows Defenderのアンチウイルスクライアントがルールや定義に準じてファイルをスキャンし、過去にそのファイルに遭遇していなかった場合一時動作してからファイルを保護します。 その後ファイル詳細情報をクラウド保護に要求します。 クラウド保護サービスはミリ秒以内に初期評価を返します。 必要であればサンプルを送信するためにAVクライアントに通知します。 この期間はファイルはロックされた状態になります。 デフォルトではファイル実行許可前にバックグラウンド保護サービスから10秒間待機します。 マルチクラス機械学習分類によりクラウド保護サービスは悪意のあるファイルかどうかを識別しクライアントに情報を返します。 クラウドデータに基づきマルウェアを隔離することができます。 これらの一連のプロセスは8秒以内です。

 

Windows Defenderのアンチウイルスとクラウドサービスの良いところは自由であるところです。 近年のセキュリティの重要性を考えるとマイクロソフトのWindows Defenderは最も簡単かつ効果的なウイルス対策といえるかもしれません。

 

Windows10ではWindows Defenderは標準で有効になっています。

 

ソース:

https://mspoweruser.com/windows-defender-antivirus-cloud-protection-service-can-detect-remove-never-seen-malware-just-8-seconds/

 

ウイルスセキュリティZERO(最新)| 1台版 | 更新不要 |Win/Android/iOS対応
ソースネクスト (2017-04-05)
売り上げランキング: 3

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.