Windows

Windows10ではない従来のWindows、新しいCPUは使えない可能性

マイクロソフトは今後Windows10にフォーカスしていくとして

Windows7、Windows8.1から2016年7月まで無料アップグレードプログラムを用意していましたが

アップデートがやや強引だったこともあり意地になってアップグレードしなかった人、

アプリの互換性などを理由にアップグレードしなかった人なども多いのではないでしょうか。

 

 

162e14c2-s[1]

 

新世代CPUはサポートされない

しかしマイクロソフトはWindows7やWindows8.1に対して

本格的にサポートしていく方針はないことは明確にされており、

今後リリースされるIntel Kaby Lake、

AMD Bristol Ridge、Summit Ridge世代のCPUは

従来のWindowsではサポートされません。

 

なおWindows7、8.1では今後新しいCPUをサポートしないことは

以前からアナウンスされていました。

 

PC買い換えの場合はWindows10しか選択肢がない!?

つまり今後発売される世代の新しいCPUを搭載した

コンピュータを購入した場合、

Windows7やWindows8.1のディスクがあったとしても

OSがCPUをサポートしておらず動作が不安定になり使えない可能性もあります。

新しいコンピュータを買った場合は素直にWindows10を使った方が良さそうですね。

 

セキュリティサポートの期限

従来のWindowsPCをそのまま使いたい場合、

Windows7は2020年1月14まで、Windows8.1は2023年1月10日まで

セキュリティアップデートなどのサポートが提供される予定です。

 

ソース:

http://www.custompcreview.com/news/microsoft-ending-support-new-hardware-windows-7-8-1/32239/

http://news.livedoor.com/article/detail/11983115/

 

Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 (新価格版)|USBフラッシュドライブ
マイクロソフト (2015-11-06)
売り上げランキング: 15

 

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Windows
-, , , ,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました。

広告をブロックしていることを検出しました。

ブラウザーまたはアドオンの設定から搭載をホワイトリストに入れるか、広告ブロッカーを無効化してください。

当サイトは広告収入によって運営されており、広告ブロックを回避され続けている場合、サイトの運営は不可能になります。

昨今はアドブロック機能内蔵ブラウザーが増えてきたことにより、ほとんどの方が広告を無視するようになっており、運営に深刻な影響が出つつあるため、検出機能を有効にさせていただきました。

ご協力お願い致します。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO