Skype

コルタナやSkype翻訳の一部音声をマイクロソフトが聞いていることが確認される

See the source image

今月の初め、マイクロソフトはアップルやAmazonと同様に一部のパーソナルアシスタントや通話の内容をマイクロソフトの請負業者が聞いているとして批判されましたが、マイクロソフトはこの事実を確認し、プライバシーポリシーを更新しました。

 

新しいプライバシーポリシー

マイクロソフトはSkype TranslatorとCortanaのプライバシーポリシーを更新し、一部人間の右記老い業者が会話を聞く可能性があると追記しました。 これの目的は音声認識の精度を向上させることだとしています。

なお音声データは匿名化、機密保持契約、ヨーロッパの法律などの高いプライバシー基準を満たすことが要求されており、プライバシーの心配はないとされています。

 

Skype翻訳とコルタナについて

Skype TranslatorはSkypeの音声通話・ビデオ通話中に音声認識とMicrosoft Translatorのテクノロジーによって会話を自動翻訳してくれるサービスです。 日本語もサポートされているため、他の言語の相手と会話する際に役に立ちます。

CortanaはWindows10やWindows Phoneなどで利用できる音声アシスタントサービスです。

Microsoft Admits Humans Listen to Skype and Cortana in Privacy Policy Update
Microsoft Admits Humans Listen to Skype and Cortana in Privacy Policy Update

The change comes after Motherboard found that Microsoft hire ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Skype
-, , ,

© 2020 WPTeq