ニュース

ビルゲイツ、新型コロナウィルスへの対応について自身の考えを投稿。

現在中国を中心に発生している新型コロナウィルス(COVID-19)ですが、日本国内でも感染が多く報告されています。 世界で約85000の症例が報告され、総死亡数も3000人に近づいています。 世界中の政府や団体がこのコロナウィルスについてのさらなる感染を阻止するべく動いていますが、ビル&メリンダゲイツ財団のビルゲイツ会長はコロナウィルスについての自身の考えを話しました。

「世界は今、命を救うと同時に、大流行への対応を改善する必要がある。 最初のポイントは差し迫ったものですが、2番目のポイントは長期的な結果をもたらす」とビルゲイツは語っています。

 

彼の考え方の要約は以下の通りです。

コロナウイルスの統計:

  • これまでのデータは、コロナウイルスの致死リスクは約1%であることを示唆しています。この率は、典型的な季節性インフルエンザよりも数倍深刻であり、1957年のインフルエンザのパンデミック(0.6%)と1918年のインフルエンザのパンデミック(2%)の間に位置します。
  • 平均的なコロナウイルス感染者は、この病気を他の2人または3人に広げます。それは指数関数的な増加率です。
  • COVID-19はすでに、わずか4分の1の時間でSARSの10倍の症例を引き起こしています。

コロナウイルスへの対応方法:

  • 政府は、自国民の対応を支援することに加えて、低・中所得者にこのパンデミックに備えるのを国が支援する必要があります。
  • アフリカと南アジアの国々の準備を支援することで、私たちは命を救い、ウイルスの世界的な拡散を遅らせることができます。(ビルゲイツは、特に発展途上国に焦点を当てた1億ドルのコロナウイルス基金をコミットしました)
  • また、世界はCOVID-19の治療とワクチンに関する作業を加速する必要があります。
  • 既に安全性がテストされている化合物のライブラリを利用し、機械学習を含む新しいスクリーニング手法を適用して、数週間以内に大規模な臨床試験に対応できる抗ウイルス薬を特定することにより、創薬を加速することもできます。

コロナウイルスのような将来の大流行を防ぐ方法:

  • 低・中所得国が一次医療制度を強化するのを支援することが不可欠です。
  • また、関連する組織がすぐにアクセスできる症例データベースや、各国が情報を共有することを要求する規則など、世界は病気の監視にも投資する必要があります。
  • 各国政府は、地方のリーダーから世界的な専門家までの訓練を受けた要員のリストにアクセスできる必要があります。グローバルエキスパートは、流行にすぐに対処する準備ができています。
  • 安全で効果的なワクチンと抗ウイルス薬を開発し、承認を取得し、急速に移動する病原体の発見から数か月以内に何十億もの用量を送達できるシステムを構築する必要があります。
  • 安全に予測できるプラットフォームを開発する必要があります。そのため、規制当局の審査が迅速に行われ、製造業者が低コストで大規模な用量を容易に製造できるようになります。
  • 別の技術的課題には、核酸に基づく構築物が含まれます。これらのコンストラクトは、ウイルスのゲノム配列が決定されてから数時間以内に生成されます。今、それらを大規模に生産する方法を見つける必要があります。
  • 国際的なコラボレーションとデータ共有を推進するには、外交努力が必要です。抗ウイルス薬とワクチンの開発には、国境を越える大規模な臨床試験とライセンス契約が含まれます。
  • これらの努力のための予算は数倍に拡大する必要があります。フェーズIII試験を完了し、コロナウイルスワクチンの規制当局の承認を得るには数十億ドルが必要であり、疾病の監視と対応を改善するにはさらに資金が必要です。
How to respond to COVID-19 | Bill Gates
How to respond to COVID-19 | Bill Gates

We need to save lives now, and also improve the way we respo ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.