ニュース

2019年に消えたマイクロソフトのサービスやアプリと製品。

マイクロソフトは次々と新しい製品を出していますが、一方で消えていくものもあります。

2019年もWindows Phoneを始め多くの製品が終了しました。

 

Windows Phone(Windows Mobile)

Windows Phoneは2019年以前でもほぼ瀕死状態でしたが、本格的に2019年からサービス終了に向けて動き出しました。 Windows Phoneは2019年12月にアプリストアのサポートが終了、Windows 10 Mobileも2019年12月にアップデートが終了しました。 2020年より順次サービスが終了していく予定です。

 

Xbox Oneのコルタナ

 

日本では元々利用できませんでしたが、Xbox Oneでコルタナが利用できなくなりました。 これはKinectやヘッドセットでコルタナに命令することで、コントローラーから手を離すことなく様々な機能にアクセス出来たという物です。 なお現在は別のGoogleアシスタントやAlexaなどに切り替えられたコマンドとなっています。

 

マイクロソフトストアの書籍販売

 

これも日本では利用できませんでしたが、Kindleのようなブックストアを海外ではストアで提供されていました。 しかし読書体験として使いづらかったため販売は伸び悩み、2019年にサービス終了となりました。

 

Groove MusicでのOneDrive再生

 

Groove Musicで最も便利な機能の1つ、OneDriveの音楽を再生する機能が終了しました。 Groove Musicは2017年にサブスクリプションサービスが海外で終了してから徐々にクラウド機能が削除され、現在はローカルファイルの再生しか出来ません。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-, ,

Copyright© WPTeq , 2020 All Rights Reserved.