Xbox/Windows10 Games

Xboxゲーム『State of Decay 2』の中で、亡き父親と再開した子どもが話題に。

マイクロソフトはXbox Games Showcase 2024の中で、『State of Decay 3』を発表しました。しかし前作であるState of Decay 2は今もなお人気が高い作品であり、多くのユーザーがState of Decay 2の世界でゾンビと戦っています。

State of Decay 2の開発会社、Undead Labsはとある子どもの要望でゲーム内のNPCに父親を追加し、ついに父親を発見したという投稿が話題となっています。

ついに父親を見つけた

State of Decay 2プレイヤーのEmbarrassedBudget859氏は、父親が亡くなってから3年後にゲーム内で生存している父親に出会えたとRedditで画像を共有しました。このプレイヤーは、『このゲームにとりつかれている』と語り、父親を失った後、Undead Labsに連絡を取り、父親をゲームに登場させて欲しいと頼んだという。

生存者のランダムなキャラクターの一人に父親の名前を加えてもらえる岳だと思っていたEmbarrassedBudget859氏ですが、3年間父親を探し続け、State of Decay 2内でついに父親を発見すると思わぬサプライズがありました。

『名前だけでなく、彼の特徴、彼の全て。ここは常に私の永遠のコミュニティだ』とEmbarrassedBudget859氏は語っています。通常はState of Decay 2のサバイバーはあらかじめ生産されたNPCで、サバイバーは無数に存在しており、全員がゲームによってランダムに選ばれるため、誰に会うのかはわかりません。そのため、EmbarrassedBudget859氏が父親に会うのにこれだけの時間がかかりました。

PC版なら有志による日本語化が可能

State of Decay 2のWindows PC版は有志による日本語化パッチが配布されています。残念ながらXboxコンソールでは利用できませんが、Windowsでプレイしている方はパッチ作業所からダウンロードを行い、日本語化を行ってプレイすることでState of Decay 2の世界を楽しみやすくなります。

詳しくはコチラ

created by Rinker
マイクロソフト
¥32,800 (2024/07/15 15:44:09時点 Amazon調べ-詳細)

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Xbox/Windows10 Games
-, , ,