Xbox/Windows10 Games

Halo Infinite、アップデート『Banished Honor』パッチノートが公開。

Image

マイクロソフトゲーミング/343 Industriesは『Halo Infinite』の最新アップデート、『バニッシュトの名誉』を開始しました。また今回のアップデートともに同名のパスもスタートしています。

新機能

このアップデートでは、Halo Infinite に新しいコンテンツ、多数のバグ修正、いくつかの新機能が追加されます。このアップデートのバグ修正の完全なリストについては、以下の解決された問題」のセクションを参照してください。このアップデートに含まれる新機能と新コンテンツは以下のとおりです:

新規事業

このアップデートと同時に開始される「バニッシュドの名誉」では、「バニッシュド」をテーマにした20段階の無料報酬パスが用意されている。

Banished Honor Trailer Halo Infinite 0 28 Screenshot
プレミアム限定のフエゴフレイムアーマーコーティングをまとったスパルタンが描かれた、プレミアムオペレーションパスを選択するためのゲーム内ユーザーインターフェース。

これまでのオペレーションパスと同様、本オペレーションのリワードトラックは、5週間の期間中、すべてのプレイヤーが無料で利用できる。プレイヤーは、マルチプレイのマッチメイキングやカスタムゲームでマッチXPを獲得することで、リワードトラックを進めることができます。また、以下のプレミアム特典もご利用いただけます:

  • 500クレジットで
    • フルオペレーションパスへの永久アクセス。
    • 限定カスタマイズアイテム。
    • オペレーションパスを装備すると、チャレンジスロットが1つ増えます。
    • オペレーションが有効な間、マルチプレイのマッチメイキングでボーナスマッチXP。
  • 2,000クレジット
    • 500クレジットのオファーの上記のすべて
    • オペレーション・パスの全20ティアを即座にアンロック。

オペレーション・パスは、5週間の無料期間が終了すると、上記の2つのプレミアム・オファーからアクセスできるようになります。

今後のオペレーション

Ast Flyingv 1.7.0 4k Watermarked

今後、『Banished Honor』の次に活躍するのは次の2つの作戦だ:

  • Tenrai IV
    • 2024年6月4日から2024年7月2日まで有効。
    • ヨロイをテーマにした新報酬を含む20 Tierのオペレーション・パスが無料。
  • Spartan Surplus
    • 2024年7月2日から2024年7月29日まで有効。
    • 過去にリリースされた様々なテーマに基づいた様々な新報酬を特徴とする20 Tierのオペレーション・パスを無料で提供。

スパルタポイント&ザ・エクスチェンジ

デイリーチャレンジやアルティメットチャレンジをクリアしたり、新しいオペレーションパスをレベルアップしたりすることで、新たなゲーム内通貨「スパルタンポイント(SP)」を獲得できるようになりました。スパルタンポイントは、イベントやアルティメットチャレンジの報酬などの期間限定アイテムや新アイテムを取り揃えた新しい交換ショップで使用できます。交換所のアイテムはすべて、スパルタンポイントでのみ入手できます。

エクスチェンジのいくつかのアイテムは、新しいオペレーションがリリースされるのに伴い、ローテーションアウトするように見えるかもしれませんが、これらのアイテムは将来的にカスタマイズメニューから利用できるようになります。

プレイヤーはゲーム内のショップメニューに移動し、ショップの左上にある "交換ショップへ "と書かれたタイルを選択することで交換ショップにアクセスできます。現在のスパルタポイント残高は、ショップメニューの右上にクレジット残高と一緒に表示されます。

スパルタンポイントは、以下のいずれかの方法で獲得できます:

  • デイリーチャレンジマルチプレイヤー・マッチメイキングでマッチを完了すると、毎日250 SPがもらえます。このチャレンジは毎日PT午前10時にリセットされます。
  • アルティメット・チャレンジ利用可能なウィークリーチャレンジをすべて達成すると、アルティメットチャレンジが利用可能になる。このアルティメット・チャレンジを達成すると、1,000 SPを獲得できます。ウィークリーチャレンジとアルティメットチャレンジは、毎週火曜日午前10時(PT)にリセットされます。
  • 新しいオペレーションパス今回のアップデートから、すべてのオペレーション・パスに15,000 SPが含まれるようになります。
    • オペレーション・パスで獲得したスパルタンポイントは、オペレーションが終了しても失効しないため、獲得したSPはオペレーション間で持ち越すことができます。過去にリリースされたオペレーション・パスには、スパルタンポイントは追加されていません。

週間プレイリスト更新

このアップデートに伴い、複数のマッチメイキング・プレイリスト枠が本日更新された:

  • 銃撃戦:伝説のキング・オブ・ザ・ヒルがローテーションで登場。
  • ランク分け:ランク付けされたスナイパーはランク付けされたタクティカルと入れ替わる。
  • アリーナランブルピットはフリーフォーオールスレイヤーに取って代わられた。

今週のプレイリストの変更、およびすべてのマッチメイキング・プレイリストに含まれるマップとモードの詳細については、aka.ms/HaloInfinitePlaylistsをご覧ください。

不揃いの順位決定戦が自動的に終了するようになった

すべてのRankedマッチメイキング・プレイリストにおいて、両チームのプレイヤー数が不均等な状態でマッチが開始された場合、自動的にマッチが終了するようになりました。この場合、フルスクリーンのメッセージが表示され、マッチが不均等であり、まもなく終了することをプレイヤーに知らせます。この現象が発生しても、プレイヤーは対戦スキルランク(CSR)ポイントを失うことはなく、対戦履歴の負けとしてカウントされることもありません。

この新機能は、プレイヤーがマッチにロードし、マッチ開始後にセッションを離脱するマッチには適用されません。マッチ開始後にプレイヤーがセッションを離脱した場合、12月のミッドシーズンアップデートパッチノートに記載されている保護とペナルティが適用されます。さらに、予想より少人数で均等なチーム編成のマッチ(3対3のマッチなど)は自動的に終了しません。

エイム・マグネティズム・トグル

コントローラとキーボード/マウスの両方の設定メニューで、新しいAim Magnetismトグルが利用できるようになりました。このトグルはデフォルトで有効に設定されており、入力方法ごとに分かれています。つまり、1つの入力方法で無効にしても、もう1つの入力方法では無効になりません。

このトグルを無効にしても、敵が射程内にいるときはヘッドアップディスプレイ(HUD)のレティクルは赤くなり、プレイヤーはダッシュで敵に近づいていくことができる。さらに、グラップルショットやスレットセンサーのような装備の照準磁力は、このトグルでは無効にならない。


Aim磁力トグルは、設定メニューのコントローラーとキーボード/マウスタブの両方の「移動と照準」ヘッダーの下にあります。

デスカムの改善

マルチプレイヤー・マッチでのリスポーン時に使用される観戦用カメラ(通称「デスカム」)に以下の改良が加えられました:

  • デスカムは、観戦しているチームメイトが見ている方向と同じ方向を向き始める。
  • 自分の体を観戦する際、デスカムを回転できるようになった。
  • デスカムの回転は以前より速くなった。

消防におけるアシストとメダルの向上

AIユニットを排除する同乗者を乗せて車両を運転する場合を含め、敵AIユニットを倒す他のプレイヤーをアシストした場合、プレイヤースコアが与えられるようになりました。通常の徒歩でのアシストでは5ポイント、乗り物の運転手としてのアシストでは10ポイントが与えられます。

さらに、Firefightマッチでアンロック条件を満たすと、以下のメダルを獲得できるようになった:

  • ブラインドファイア:シュラウドスクリーンの中から遠くの敵を撃って倒す。
  • 爆撃機:試合中にランチャーで敵を5人倒す。
  • ボクサー:1試合中に近接攻撃で5人の敵を倒す。
  • ブリーチャー試合中にSMGで敵を5人倒す。
  • グレナディア手榴弾で5人の敵を倒す。
  • ガンナー1試合で5人の敵をタレットで倒す。
  • ガンスリンガーピストルで5人の敵を倒す。
  • ヘビー:1試合中、取り外したタレットで敵を5人倒す。
  • マークスマンタクティカルライフルで5人の敵を倒す。
  • マウント&ローデッド固定砲台でダブルキルを獲得する。
  • パイロット試合中に航空機で敵を5人倒す。
  • ライフルマン試合中にアサルトライフルで敵を5人倒す。
  • 散弾銃手:ショットガンで5人の敵を倒す。
  • シャープシューターゲーム内でスナイパーライフルで敵を5人倒す。
  • タンカー試合中に攻城車で敵を5人倒す。
  • ウォリアー試合中に近接武器で敵を5人倒す。
  • Wheelman:1試合でドライバーアシストを5回獲得する。

抽出における複数の活性部位

シーズン5アップデートで導入されたゲームモード「エクストラクション」は、複数のアクティブなエクストラクションサイトを同時に使用できるようになった。有効化すると、複数のエクストラクション・サイトが同時にマップに出現し、各チームは相手チームよりも多くのエクストラクション・サイトを抽出する競争を繰り広げなければならない。さらに、新しい「Sites Spawn in Sets」オプションは、新しいサイトをアクティブにする前に、すべてのサイトが抽出されるまで待機するかどうかを決定します。

アクティブサイト]オプションでは、一度に最大10個のアクティブサイトを使用できますが、これは各マップに配置されたエクストラクションサイトの数に依存します。この設定では、マップ作成者が配置した Extraction Site 以外の Extraction Site は配置されません。

マッチセットアップ・オーバーライド

新しいマッチセットアップオーバーライドオプションでは、プレイヤーが各チームの開始スコアや残り時間を設定することができます。これらの設定は、トーナメントのオーガナイザーが予期せぬ切断の後にマッチをリセットしたり、社交の場で1つのチームに先手を与えて勝負の土俵を均等にするのに役立ちます。

このセクションに含まれる設定は以下の通り:

  • ラウンド開始時間
  • イーグル・チーム
  • コブラ・チーム・ラウンド優勝
  • イーグルチーム スターティングスコア
  • コブラチーム・スターティングスコア

マッチセットアップオーバーライドはカスタムゲームモードエディターメニューのマッチタブ内のラウンドセットアップヘッダーの下にあります。

簡単なチート対策エラーメッセージの改善

Easy Anti-Cheat (EAC)の整合性チェックに失敗し、アクティブなマルチプレイヤーマッチからブートされた場合、プレイヤーに通知されるようになりました。この場合、プレイヤーは「クライアントの整合性チェックに失敗したため、ゲームプレイから削除されました。イージーアンチチート(EAC)サービスが有効になっていることを確認し、ゲームを再起動してください。" というエラーメッセージが表示されます。

Forge

新しいForgeオブジェクト:フラッドとエイリアンプラネット

プレイヤーは、様々なForgeアセットとビジュアルFXの2つの新しいパレットにアクセスできるようになりました:FloodとAlien Planetです。Floodパレットには、過去のHaloタイトルに登場したFloodにインスパイアされたオブジェクトや、Floodをテーマにした全く新しいオブジェクトが含まれています。他のForgeパレットが過去の『Halo』タイトルに登場した環境や派閥に焦点を当てているのに対し、エイリアンプラネットパレットには、Forgeクリエイターが試行錯誤できるよう、全く新しいバイオームや構造物のデザインが含まれています。マルチプレイヤーマップ「オアシス」に設置された様々なフラッドオブジェクトのスクリーンショット。

これら2つのパレットには、以下のオブジェクト・タイプが含まれる:

  • フラッド
    • 構造物80点
    • 92 アクセントオブジェクト
    • 12種類のデカール
    • 12 FX
  • エイリアン・プラネット
    • 146のバイオーム・オブジェクト
    • 106の構造物オブジェクト
    • 21種類のデカール
    • 6 FX

新しいスクリプト・ノード

Forgeのノードグラフメニューにいくつかの新しいノードが追加されました。このアップデートに含まれる新しいノードは以下の通りです:

  • エクストラクション ゲームモード
    • オン 抽出ゾーン アラーム完了
    • オン 抽出ゾーン・アーミング中断
    • オン 引き出しゾーン アラーム開始
    • オン 引き出しゾーン変換完了
    • オン 引き出しゾーン変換中断
    • 抽出ゾーン変換開始時
    • 抽出ゾーン抽出完了時
  • ラスト・スパルタン・スタンディング
    • プレイヤーレベルアップ
  • クローンオブジェクト
  • オブジェクト・フィルター:インタラクティブなオブジェクトの使用を制限するフィルタを適用するノード。
    • Do Player Pass オブジェクト フィルタ
    • オブジェクトのすべてのフィルタを取り除く
    • オブジェクトに選手フィルタを設定する
    • オブジェクトにチーム フィルタを設定する

新しい汎用オブジェクト

また、プレイヤーはForgeから4つの新しいGeneric Game Mode Objectsと、これらのオブジェクトの実装をより効率的にする18の新しいノードにアクセスできるようになります。これらのオブジェクトとノードは以下の通りです:

  • 汎用デリバリーポイント
    • 配達ポイントの有効化
    • 配信ポイントの停止
  • ジェネリックフラッグスポーン
    • フラッグスポーンをアクティブにする
    • フラッグスポーンを非アクティブにする
    • フラッグ投下時
    • フラッグが拾われた時
    • オンフラッグリセット
    • 得点したフラグ
    • フラッグがスポーンされた時
  • ジェネリックシード
    • パワーシードについて
    • パワーシード
    • ソケットに植える
    • ソケットを外す
  • シュリンキングゾーン
    • シュリンキングゾーンを有効にする
    • シュリンキングゾーンの停止
    • シュリンキングゾーン開始
    • 縮小ゾーン停止
    • 縮小ゾーンのティック

ゾーンの新しい制限キャプチャ・ロジック

シーズン4アップデートで導入されたジェネリック・キャプチャー・ゾーン・オブジェクトを、どのプレイヤーやチームがキャプチャーできるかを、Forgeクリエイターが設定できるようになりました。キャプチャーを制限する設定は、ジェネリック・ゾーンが選択されているときにオブジェクト・プロパティ・ウィンドウで見つけることができ、以下の値に設定することができます:

  • デフォルト
  • 敵チーム
  • ノードグラフ
  • オーナーチーム

モード・ブレインズの新基地モード

以下のゲームモードが、Forge の Mode Brain オブジェクトの基本モードとして追加されました:

  • 抽出
  • 銃撃戦キング・オブ・ザ・ヒル
  • ラスト・スパルタン・スタンディング
  • ミニゲーム・フリー・フォー・オール(FFA)
  • ランク付け減少
  • 順位スレイヤー
  • ランク付け3 フラッグCTF
  • ランク付けダブルス・スレイヤー
  • 順位決定戦ダブルス
  • 順位イリミネーション
  • 順位FFAカインド・オブ・ザ・ヒル
  • 順位キング・オブ・ザ・ヒル
  • ランク付けランド・グラブ
  • ランク付けオッドボール
  • ランク付け一旗
  • 順位ストロングホールド
  • ランクタクティカル・スレイヤー

Forge セッションで Mode Brain オブジェクトのベースモードを選択するには、以下の手順に従います:

  1. Forge セッションでオブジェクト ブラウザを開き、ゲームプレイ スクリプトに移動します。
  2. モードブレインのオブジェクトを2つ生成し、配置する。
  3. つのMode Brainsを選択し、Actionメニューを使ってMode Prefabを作成する。
  4. Mode Prefabを選択した状態で、Object Propertiesメニューを開きます。
  5. ベースモードオプションに移動し、好みのゲームモードを選択します。

バンディットEVOがウェポン・ドリルに登場

バンディットEVOがアカデミーのM392バンディット・ウェポン・ドリルで手に入り、使用できるようになった。

SectionBreak.png

バランスの変化

プラズマ・ピストル

プラズマ・ピストルのフルチャージ・ショットは、一時的に車両を無力化する。

MK50 サイドキック

Mk50サイドキックの発射速度が若干低下した。

重力ハンマー

グラビティ・ハンマーが敵を排除できる範囲が狭くなった。

シンダーショット

シンダーショットの弾丸は、爆発時にプレイヤーや乗り物を移動させなくなった。シンダーショットの発射速度もわずかに低下した。

S7スナイパーライフル

S7スナイパーライフルは、以前よりも速くピックアップ時に発射できるようになりました。

スパイク手榴弾

スパイクグレネードの起爆タイマーが、投げられた時ではなく、地面やプレイヤーに付着した時に開始するようになりました。また、起爆タイマーの長さも短くなった。

SectionBreak.png

解決された問題とバグ修正

多くの改良は、コミュニティから提出されたHalo InsiderとHalo Supportのチケットから来ています。引き続きチケットの提出をお願いいたします!

Halo サポートチケットは、343 Industries のチームが、今後の Halo Infinite アップデートで対処してほしい問題を把握するのに役立ちます。開発チームは、プレイヤーからのフィードバックとバグ報告チケットの両方に基づいて、さまざまなゲームのアップデートや改善に積極的に取り組んでいます。

Halo Infiniteでクラッシュが発生した場合は、以下の情報を可能な限りご記入ください:

  • クラッシュの原因を段階的に説明。具体的であればあるほどよい!
  • 最新のDxDiagファイルを添付する。DxDiagファイルを作成するには、スタートメニューの検索バーに「dxdiag」と入力してEnterキーを押し、DirectX Diagnostic Toolがポップアップしたら「すべての情報を保存」をクリックします。
  • コントロールパネルアプリから問題レポートを含める。コントロールパネルを開き、検索バーに「問題レポート」と入力します。すべての問題レポートを表示」をクリックし、最近のHalo Infiniteレポートを見つけます。このHalo Infiniteのエントリをダブルクリックし、ウィンドウの下部にある「クリップボードにコピー」ボタンを使用します。最後に、このテキストをチケットのコメントに貼り付けてください。

グローバル

  • XboxコンソールとPCの両方でHalo Infiniteの安定性が向上しました。

PC

  • 新しいNVIDIAグラフィックスドライバの非アクティブフレームレート制限オプションの機能を回復しました。
  • アーマーホールでヘルメットの[伝承]タブと[アタッチメント]タブを切り替えても、PC上でフレームレートが低下することはなくなりました。

XBOX

  • Xboxコンソールでアーマーホールメニューをナビゲートする際の安定性を改善しました。

マルチプレイ

ゲームプレイ

  • 武器を捨てるのは、武器を交換するよりも速くなくなった。
  • 実際の破滅状態に到達する前に、乗り物が「破滅状態」の効果音を鳴らさなくなった。
  • マップ「デッドロック」において、スコーピオンがペリカンからドロップオフされなくなった。
    • 開発者コメント「プレイヤーからは、デッドロックでのペリカンによるスコーピオンやレイスのドロップはあまり良いものではないとのフィードバックをもらいました。私たちは戦車にフォーカスしている点は気に入っていますが、スコーピオンのパワーが強すぎて、マッチを支配される可能性があることには同意しました。これに対処するため、デッドロックでの車両ドロップをアップデートし、レイスだけを連れてくるようにした。"他の車両パッドは通常の車両のままスポーンする。
  • Skewerは、より高いレイテンシーでのフィーリングを改善するために改良を受けた

メニュー

  • メニューの一番下に表示されている「フィルターをクリア」のショートカットを使用すると、画面上のフィルターが常にクリアされるようになりました。

カスタムゲーム

  • ファイアファイトでカスタムゲームを設定する場合、モードエディタメニューのキング・オブ・ザ・ヒル(King of the Hill)ゲームモードでカスタムゲームを設定する際、モードエディタメニューのファイアファイト(Firefight)タブにある自動リバイブタイマー(Auto-Revive Timer)オプションを調整する際、10秒未満の値を選択しても正常に機能するようになりました。
  • ランク戦:CTF 3 Capturesゲームモードは、ローカルオフラインマッチでプレイする場合、チームが勝利するために旗を5回キャプチャする必要がなくなりました。

カスタマイズ

  • OpTic Gamingバイザーの単体バージョンは、OpTic Gamingアーマーキットに見られるバイザーと同じ色合いのグリーンになりました。
  • 54種類のマルチユースアーマーコーティングが、利用可能なすべてのアーマーコアとアーマーキットで使用できるように更新されました。下のアコーディオンを開くと、更新されたアーマーコーティングの全リストと、現在互換性のあるアーマーコアとキットが表示されます。

ビジュアル

  • ミラージュIICとラクシャーサ・アーマー・コアは、To The Frontスタンス使用時に歪んで見えることがなくなりました。
  • ミラージュIICアーマーコアの上腕部が伸びたり歪んだりしなくなった。
  • UA/Viator、SAP/Recon、SAP/MTのショルダーパッドが、ゲームプレイ中、どの距離でも安定して見えるようになった。
  • 視野(FOV)設定が78に設定されている場合、プレイヤーはMark IV Armor Coreの脚部を覗くことができなくなりました。
  • Mark VIIアーマーコア用のMark Vアーマーキットの背面にセカンダリーウェポンがクリップするケースを削減。
  • マークIVアーマーコアの肩に小さな隙間がなくなった。
  • マークIVアーマーコアで経上腕義手を選択しても、装備しているショルダーパッドの位置がずれることがなくなりました。

FORGEの編集モードと作成ツール

  • オブジェクトブラウザのメニューで、Infected Energy Swordが英語以外の言語にローカライズされました。
  • Override AI SpawnerノードでSquad Intensityの値を1に設定すると、AIユニットがスポーンするようになりました。
  • 低画質ビデオ設定を有効にしたXbox OneコンソールまたはPCでマップのナビメッシュを表示する際のパフォーマンスが向上しました。
  • 海兵隊の分隊にエリートが追加された後、Get All AI Units on Teamノードが期待通りに機能するようになった。
  • Forge でオブジェクトを高速複製してもクラッシュしにくくなりました。
  • オブジェクトプロパティメニューのサイクルペアレントオプションが、複製されたオブジェクトを含むプレハブで使用された場合、期待通りに機能するようになりました。
  • Forge マップがロードされたときに、Round Platform オブジェクトが Static モードから Dynamic モードに変更される機会がなくなりました。
  • Forge で[すべて削除]マップ プロパティと[元に戻す]機能を使用する際の安定性が向上しました。
  • マウスとキーボードでプレイする際に、作成または配置されたプレハブが自動的に選択されるようになりました。
SectionBreak.png

既知の問題

今回のアップデートで、チームは既知の問題リストに複数の新しい問題を追加しました:

マルチプレイ

ゲームプレイ

  • マルチプレイヤーマップArgyleのFFA(Free-For-All)ゲームモードにおいて、プレイヤーがリスポーンできない。
  • マルチプレイヤーマップDredgeとHousekiでFree-For-All(FFA)マッチを開始すると、2人のプレイヤーが隣り合ってスポーンすることがある。
  • VK78 Commando Rifleの射撃中にMeleeボタンを押すと、射撃効果音が再生され続けることがあります。この問題が発生すると、近接アニメーションが再生されている間は弾丸が発射されません。
  • ストーカーライフル・ウルトラバリアントでのヘッドショットはキルフィードやスコアボードに記録されず、メダルやチャレンジにもカウントされません。

メニュー

  • Banished Honorのトレーラーとプロモーション画像では、Datacore Administrator VisorがこのOperationの報酬トラックに含まれているように描かれている。Datacore AdministratorはFacing Firewall Shopのバンドルに含まれ、Banished Honor OperationにはEssence Decompilation Visorが含まれる。
  • 交換メニューの一番下にあるショートカットボタンを使ってアイテムを購入すると、クレジットの使用または購入を促すメッセージが表示されることがあります。この問題が発生したときにクレジットを使用しようとすると、アイテムはアンロックされず、クレジットも消費されません。
    • Exchange メニューでカスタマイズアイテムを購入しようとしたときにエラーが発生した場合は、アイテムの Inspect メニューを表示し、再度アイテムの購入を試みてください。エラーが発生し続ける場合は、開発チームが調査できるようにチケットを提出してください。
  • 取引所で購入可能なアイテムは、カスタマイズメニューでは「現在入手不可能」「保管庫入り」と表示されます。
  • バトルパスおよびオペレーションパスをすべて完了した場合、カスタムゲームおよびカスタムブラウザの両メニューにおいて、デイリーカスタムXPキャップが誤って「デイリーカスタムSPキャップ」と表示されます。
    • この問題が発生してもXPは付与され続けますが、クリアしたカスタムゲームに対してSPが付与されることはありません。
  • スパルタンポイントを獲得できるチャレンジを完了しても、試合後のリワードメニューの右上に表示されるスパルタンポイントの残高が増えない。
    • このメニューに表示されるスパルタポイント残高には、チャレンジで獲得したスパルタポイントがすでに含まれています。この問題が発生しても、スパルタンポイントが失われることはありません。
  • 試合後のリワードメニューに、直近の試合ではなく、以前の試合のXP値やゲインが表示されることがある。この問題が発生しても、バックエンドでは正しいXPが付与されます。
    • この問題が発生した場合は、チームが調査しますので、チケットを送信してください。可能であれば、マップ、モード、大まかなタイムスタンプなど、マッチの情報を含めてください。

フォージ

  • 縮小ゾーンの無効化」ノードを使用すると、縮小ゾーンが停止し、プレイヤーにダメージを与えなくなりますが、ゾーンの境界は表示されたままになります。

Xbox.comでHalo Infinite

再構築され基本無料になった大好評の Halo を体験しましょう! マッチメイキングに含まれる 70 種類を超えるマップや、何十億にもおよぶカスタマイズ設定、数え切れないほどのコミュニティ フォージ コンテンツを体験できる「Halo Infinite」は、フランチャイズ史上最も広範なマルチプレイヤー ゲームと言っても過言ではありません。

Xbox.comで見る

created by Rinker
コカ・コーラ(Coca-Cola)
¥2,027 (2024/07/15 18:39:17時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

 

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Xbox/Windows10 Games
-, , , , ,