Xbox/Windows10 Games

Xbox Series Sのレイトレーシング性能をDigital Foundryが検証。

最も安価な次世代ゲーム機、Xbox Series Sでは次世代ゲーム機の特徴の1つ”レイトレーシング”もサポートされています。もちろん性能面では劣る部分もありますが、レイトレーシングをサポートするゲームでどのような効果があるのでしょうか。

4TFでレイトレをする偉業

ハードウェア・ソフトウェアの検証を行うDigital FoundryはメトロエクソダスやマトリックスデモのようなXbox Series Sでレイトレーシングをサポートしているいくつかのゲームタイトルでレイトレーシング性能を評価しました。

4TF GPU は、Metro Exodus、Matrix Awakens、Fortnite に匹敵するクオリティを実現します。4TF GPUで、Metro Exodus、The Matrix Awakens、Fortniteに匹敵するクオリティを実現したことは、非常に素晴らしいことです。しかし、レイトレーシングは非常に負荷の高いプロセスであり、Sシリーズのような限られたハードウェアプラットフォームでは、それが要因であることは明らかですが、より大きな問題は、システムのRAMの不足です。

10GBのRAM(うち開発者向けは約8GB)には、そもそもリアルタイム・レイトレーシングを可能にする複雑なアクセラレーション構造を保存する余地がほとんどありません。BVHはメモリ上で多くの領域を占有するため、シリーズSには多くの場合、その余裕がありません。RTはコンソールでも効果的に配信できますが、それを実現するためには明らかに多くの作業が必要です。」

パフォーマンスモードの方がいいかも?

レイトレーシングをこのスペックで実現していることを評価する一方で、多くのゲームタイトルではパフォーマンスモードでプレイする方が良い選択であるとDFは評価しました。

この分析によると、ほとんどの場合、Series SのRTモードをやめて、パフォーマンスオプションを選択することが最善の方法であることが多いようです。レイトレーシングを重視するのであれば、Xbox Series Xが現行機種のXboxコンソールの中で最もお金を貯めるべき機種であることは明らかです。

また、RTを使用するゲームは、RTなしで楽しむのがベストであることが多いようです。RTモードと完全なラスタライズモードで30fpsと60fpsが分かれるのは、コンソールではごく普通のことで、選択肢があれば、60fpsのパフォーマンス代替よりもRTベースのクオリティモードを選ぶことは稀です(省略) 通常、プレゼンテーションに決定的な改善をもたらさないレイトレーシングの実装よりも、低い入力ラグとより滑らかなアニメーションを楽しむ方が良い選択となることが多いのです。

created by Rinker
マイクロソフト
¥37,880 (2024/06/22 21:00:23時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Xbox/Windows10 Games

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました。

広告をブロックしていることを検出しました。

ブラウザーまたはアドオンの設定から搭載をホワイトリストに入れるか、広告ブロッカーを無効化してください。

当サイトは広告収入によって運営されており、広告ブロックを回避され続けている場合、サイトの運営は不可能になります。

昨今はアドブロック機能内蔵ブラウザーが増えてきたことにより、ほとんどの方が広告を無視するようになっており、運営に深刻な影響が出つつあるため、検出機能を有効にさせていただきました。

ご協力お願い致します。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO