Xbox/Windows10 Games

マイクロソフト、FTCによる訴訟は米国憲法違反と主張。

マイクロソフトは現在Call of Dutyやオーバーウォッチなどのゲームタイトルを抱えるアクティビジョンブリザードの買収を行おうとしていますが、米国の規制当局FTCはこれを止めるために訴訟を起こしました。しかしマイクロソフトはこの訴訟が憲法違反であると非難しています。

中立性がない

マイクロソフトは提訴の発端となる行政FTCが行政判事の手続きに関与することは憲法違反であるとしています。また「プラットフォーム業界3位がソフトメーカーを1つ買収したところで簡単にひっくり返ることはない」と回答しています。さらに「メーカーがそのゲームを独占しないと明確にしている場合はなおさらである。Xboxに対して支配的な競争相手がこれまでXboxの提案を拒否し続けてきたという事実は、消費者の利益をもたらす取引阻止を正当化するものではない」としています。

ソニーはマイクロソフトからCall of Dutyを今後10年間に渡ってPlayStationでもリリースするという提案を拒否しています。

アクティビジョンブリザードもFTCを非難

マイクロソフトだけではなく、アクティビジョンブリザードもFTCに対して強い言葉で非難しています。F

アクティビジョンブリザード、米FTCに非常に批判的なコメント『現実が見えてない』 - WPTeq
アクティビジョンブリザード、米FTCに非常に批判的なコメント『現実が見えてない』 - WPTeq

マイクロソフトはアクティビジョンブリザードの買収を進めるためにFTCと訴訟を行っていますが、アクティビジョンブ

wpteq.org

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,