Xbox/Windows10 Games

ソニー、マイクロソフトの公式声明は極端な懐疑論で扱われるべきと語る。

マイクロソフトとソニーは現在アクティビジョンブリザードを巡って様々な議論を各国の当局とともに行っています。CMAへの声明の中でソニーは興味深い発言を行っています。

マイクロソフトの声明は懐疑論で扱うべき

ソニーはマイクロソフトは過去の行動から発言を懐疑的にみるべきだと主張しています。

「マイクロソフトの過去の行いは、その公的な発言は極めて懐疑的に扱われるべきであることを示している」とし、「マイクロソフトがゲームスタジオを買収し、その次のゲームをXbox専用にした...マイクロソフトが公衆と規制当局にZeniMaxのコンテンツを独占させないという保証をしたにもかかわらず" 5例(ゼニマックスなど)を提示できるとしている。」

マイクロソフトは”ケースバイケース”と主張していた

一方でマイクロソフトはBethesda SoftworksおよびZeniMax Mediaのゲームタイトルについて、ZeniMax買収前から『今後のタイトルはケースバイケースで他機種にも登場する』と発言してきました。すべてのタイトルが他機種でもリリースすると確約はしていません。

MS、BethesdaがPS5独占契約を結ぶ2本は契約を尊重、今後は「ケースバイケース」で他機種展開も。 - WPTeq
MS、BethesdaがPS5独占契約を結ぶ2本は契約を尊重、今後は「ケースバイケース」で他機種展開も。 - WPTeq

マイクロソフトはZeniMaxを買収し、BethesdaがXbox Game Studiosに参加することを発

wpteq.org

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,