Xbox/Windows10 Games

Xbox、英国規制当局の懸念は見当違いだとしてデータを提出。

英国の競争規制当局はアクティビジョンブリザードがXboxに買収されることについてフェーズ2の分析に移行するとしています。この中での懸念事項について、マイクロソフトは消費者にとって何が最善かを最優先事項とせず、ソニーの発言だけを考慮に入れているとして英国CMAを非難しました。

業界1位の企業を守るために動いている

Te VergeのTom Warrenはマイクロソフトからのコメントをいくつか引用しています。

  • 明確かつ永続的な市場力を有する現存の市場リーダー(プレイステーション)が、一つのタイトル(Call of Duty)へのアクセスを失った結果、第三位のプラットフォームによって差し押さえられるという懸念は、信憑性がない
  • 2021年にプレイステーションは280以上のファーストパーティとサードパーティの独占タイトルを発売しました。これは同時期のXboxの約5倍に匹敵します。
  • Xboxはコンソールで最下位、PCで7位、モバイルはランク外であり、アクティビジョンブリザードの買収での懸念はどこにもない

より誠実な審査を

マイクロソフトはゲーム業界にとって少なくとも独占的なトップシェアを築いているわけではないため、ゲーム業界を見て今回の買収を止めることは不自然なように見えます。しかしマイクロソフトはPC向けソフトウェアおよびOSなどの分野で非常に高いシェアを持っており、長い間競争当局から審査されていた企業でもあります。

現在ブラジルとサウジアラビアで買収が承認されています。

https://twitter.com/tomwarren/status/1580124742501027840
https://twitter.com/tomwarren/status/1580124742501027840

twitter.com

--

-Xbox/Windows10 Games
-, ,