Xbox/Windows10 Games

Take-Two CEOがマイクロソフトによるアクティビジョンブリザード買収を支持。

グランドセフトオートシリーズのロックスターゲームズや人気スポーツゲームシリーズの2K Sportsなど多くのゲームを抱える大手企業テイクツー・インタラクティブのCEO、Strauss Zelnick氏がマイクロソフトによるアクティビジョンブリザードの買収についてコメントしました。

買収はマイクロソフトと業界にとっていいこと

The Grillとのビデオインタビューの中でTake-Two CEOのStruss Zelnick氏は買収に賛成しているかどうかを尋ねられました。その中で、彼は「マイクロソフトと業界にとっていいことだ」と彼の考えを述べました。

「それがマイクロソフトと業界にとって良いことだという信念を持っているのは確かだ。我々は賛成である。」

「これは非常に細分化されたビジネスであり、創造性を発揮する余地はいくらでもあり、マイクロソフトは我々の同盟国であり、もしこれで彼らのビジネスがより強力になるなら、それは我々にとって良いことだと考えています。」

多くの大企業が問題ないと判断

ブラジル政府が意見を求めた資料の中で、ワーナーゲームズ、UBISOFT、バンダイナムコ、Apple、Amazon、Google、META(Facebook)といった企業が声明を出し、問題がないとしています。一方でプレイステーションを運営するソニーはCall of DutyによってXboxにユーザーが移行する懸念があるとして買収に反対しています。

https://twitter.com/PostUp_bbb/status/1579967104857833489
https://twitter.com/PostUp_bbb/status/1579967104857833489

twitter.com

--

 

 

-Xbox/Windows10 Games
-,