Xbox/Windows10 Games

EA『もしもCoDがXbox独占になれば、バトルフィールドには大きなチャンスとなる』

現在XboxはCall of Dutyなどのゲームを持つゲーム会社アクティビジョンブリザードの買収を進めており、これについてソニーが異議を申し立てています。アクティビジョンブリザードの買収が成功すれば、マイクロソフトはXbox Game PassにCall of Dutyやオーバーウォッチ、ディアブロなどの人気作を追加する予定で、プレイステーションでも少なくとも数年間はCall of Dutyをリリースし続ける予定です。一方でプレイステーション側はマイクロソフトの提案に不服を申し立てています。そんな中EAはもし独占されればチャンスになるとコメントしました。

独占されれば競合にとっては大きなチャンス

エレクトロニックアーツのCEO、アンドリューウィルソン氏はバトルフィールドの未来について語る話題の中で、もしもCall of Dutyが独占されれば『バトルフィールド』は大きな恩恵を受けると語りました。

「Call of Dutyの将来や、どのようなプラットフォームで展開されるのか、されないのかという議論がある中で、バトルフィールドにはプラットフォームにとらわれない完全にクロスプラットフォームであることは、非常に大きなチャンスだと考えています」

今のところXbox独占の予定はない

Xboxのフィルスペンサーは「Call of Dutyからプレイステーションを締め出すことは望んでいない」としており、少なくともコミュニティがプレイステーションから縮小しない限り、直ちにプラットフォームから撤退するということはないようです。

一方でもし独占されればEAにとってチャンスであるというのもまた事実であり、『バトルフィールド』がプレイステーション最大のFPSの1つになる可能性があります。なお、Electronic Artsはマイクロソフトともパートナーシップを結んでおり、Xbox Game Pass Ultimateに含まれるEA Playで特典の受け取りや過去作のプレイが可能となっています。

--

-Xbox/Windows10 Games
-,