Xbox/Windows10 Games

マイクロソフトゲーム収益は前年同期比6%減少、ファーストパーティコンテンツが減少していたため。

マイクロソフトは決算会見で2022年度の第4四半期の決算を報告しました。これによれば、Xboxを含むマイクロソフトのゲーム事業は前年同期よりも6パーセント減少したとのことです。

減少した理由はハードウェアの販売とファーストパーティソフト

今回の売上減少についてはマイクロソフトはこの時期にファーストパーティコンテンツが減少していたためと説明しています。ただしゲームパス加入者の増加により部分的に相殺されているとのこと。またハードウェア供給の制限によりXboxハードウェア収益は11パーセント減少しました。

マイクロソフトは最近いくつかの自社タイトルを延期しており、7月に「As Dusk Falls」をリリースするまで2022年はファーストパーティのXboxゲームをリリースしていませんでした。また2022年後半にはGroundedとPentimentが販売される予定です。

将来は明るい

今回の決算では売上が6%減少という結果になってしまいましたがマイクロソフトはゲーム事業への投資を行っており、ファーストパーティコンテンツの拡大に取り組んでいます。

2022年6月までには「アクティビジョン」「ブリザードエンターテインメント」「キング」といった大手メーカーのゲームタイトルがファーストパーティスタジオに加わる予定です。

https://www.microsoft.com/en-us/Investor/earnings/FY-2022-Q4/press-release-webcas
https://www.microsoft.com/en-us/Investor/earnings/FY-2022-Q4/press-release-webcas

www.microsoft.com

--

 

 

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 

-Xbox/Windows10 Games
-