Xbox/Windows10 Games

CoD開発のレイブンソフトウェアによる新しい組合をフィルスペンサーはサポートすることを約束。

マイクロソフトは現在Call of Dutyやクラッシュバンディクーなどの多くのゲームを抱えるアクティビジョンブリザードの買収作業を進行中です。アクティビジョンブリザードは現在様々な問題を抱えていますが、その1つがレイブンソフトウェアのスタッフの雇用状況に関する問題です。最近レイブンソフトウェアは新しい組合を結成しようとしており、マイクロソフトのフィルスペンサーは買収成立後この組合をサポートすることを明らかにしました。

レイブンソフトウェアの組合をサポート

フィルスペンサーは次のようにコメントしています。

「リンダ・ノーマンと私は、組合について多くの時間をかけて教育してきた。"とスペンサーは言った。"我々は絶対に従業員が組織化し、労働組合を形成する権利をサポートしています。」

「Microsoftは、Raven SoftwareのGame Workers AllianceやCommunication Workers of Americaと連携していないが、Activision Blizzardの契約が成立すれば、Microsoftは組合に反対しない」

「一度取引が終了したら、我々は絶対に(従業員の)組織を支持するだろう 」と彼は言った。

「我々は、それが従業員の権利であり、会社と会社で働く人々の間の関係の一部であることができるものだと思います。」

XboxでCall of Duty Vanguard

全ての戦場で最前線を駆けろ: 太平洋での空中戦、フランスでの降下作戦、スターリングラード防衛戦での正確無比な狙撃、北アフリカの戦線を打ち砕く強行突破。Call of Duty®シリーズがSledgehammer Games開発のCall of Duty®: Vanguardで帰ってくる。空前の世界規模で繰り広げられる、感情を揺さぶられる第二次世界大戦の戦闘で深い没入感が得られる。

Xbox.comで見る

--

-Xbox/Windows10 Games
-,