Xbox/Windows10 Games

「Bethesda Launcher」がサービス終了を発表、ライブラリーとウォレットはSteamへ移行へ。

マイクロソフト傘下のBethesdaは、PCゲームランチャー「Bethesda Launcher」のサポートを終了し、Steamへとライブラリーとウォレットを移行することを発表しました。

ライブラリーを移行へ

BethesdaによるとライブラリーとウォレットがSteamに移行できるようになると明らかにしました。これは2022年4月に開始される予定ですが、ほとんどのゲームのセーブデータと未使用のウォレットは自動で転送されますが、いくつかのゲームタイトルについては手動でファイルを移動させる必要があります。

ほとんどのBethesdaタイトルはSteamで既に利用できますが、この動きはPC Game PassやSteamでより多くのBethesdaタイトルが登場することが期待出来るかもしれません。

詳細については後日明らかになる予定です。

Battle.netはどうなる?

来年にも買収が完了するActivision BlizzardもゲームランチャーBattle.netを持っており、こちらはBethesda Launcherよりも多くのユーザーが存在するアプリケーションです。マイクロソフトは自社ストアであるMicrosoft Store、人気のあるSteamの2つで主にゲームをリリースしていますが、将来的にBattle.netをどのように扱うのかは買収完了後に明らかになるでしょう。

Bethesda.net Launcherのサービス終了およびSteamへの移行[4月27日更新]
Bethesda.net Launcherのサービス終了およびSteamへの移行[4月27日更新]

Bethesda.netのライブラリをSteamに移行される際は、移行手順および更新済みFAQの内容を併せてご確認くださ ...

bethesda.net

--

 

-Xbox/Windows10 Games
-, ,