Xbox/Windows10 Games

アクティビジョンブリザード買収によるマイクロソフトの狙いとは?

マイクロソフトは現在アクティビジョンブリザードの買収を行っています。これはゲーム業界のみならずテクノロジー業界全体で初となる大規模な買収であり、同社にとっても一夜にして決断したような単純な決断ではありません。マイクロソフトの社内での議論は、ゼニマックス買収の承認がされた時から始まっていたようです。

「次は何をすべきか」

Axiosが行ったフィルスペンサーへのインタビューの中で、マイクロソフトがまだ投資をしていない分野で新しい方向に進む必要があったとのことでした。

「常に話題となっていたのは、モバイルとカジュアルゲームでした。」

アクティビジョンブリザードといえば、Call of Dutyのアクティビジョン、そしてウォークラフトやオーバーウォッチのブリザードのイメージが強い人も多いかもしれませんが、第三の柱としてキャンディクラッシュを初めとする大ヒットモバイルゲームメーカーKingがいます。彼らがマイクロソフトの傘下になるということは、マイクロソフトはモバイル分野でも最大手のひとつを手に入れたことになります。

マイクロソフトの目標到達に大きな助けになる

マイクロソフトは現在「できるだけ多くの人にゲームをリーチする」という目標を掲げており、今回の買収はそれに沿ったものと言えます。アクティビジョンブリザード、そしてKingが傘下になれば、マイクロソフトの弱い分野であるモバイル分野が強化されることになります。

Microsoft's Phil Spencer calls Activision purchase personally 'daunting'
Microsoft's Phil Spencer calls Activision purchase personally 'daunting'

Xbox chief says it's personally 'daunting,' but downplays in ...

www.axios.com

-Xbox/Windows10 Games
-, ,