Xbox/Windows10 Games

Halo Infiniteでジョセフスターテンが約1年でゲームに変更を加えたこと。

Halo Infiniteのクリエイティブディレクターであるジョセフスターテンは、驚くべきことに去年の夏から本作に参加した人物です。元々発売が去年の11月に設定されていたことを考えると、ゲームはほぼ完成しており、彼が参加して修正が加えられることは限られていたいたようにも思えます。

ジョセフスターテンはEuro Gamerのインタビューに対して、約1年間でHalo Infiniteに加えた主な変更について答えています。

よりインパクトがあるものにするために

ジョセフスターテンが参加する前からチームはオープンワールド風のゲームデザインとグラップルショットをHaloの新しい要素に加えることを決定しており、彼らの選択は素晴らしいものだったとジョセフスターテンは話しています。一方でインパクトある体験にするために修正できることはあったとしています。

「よりインパクトのあるものにするために、もっと工夫できる要素がありました。そのため、トレーニングや機材の使い方を教え、理解してもらい、最初から楽しんでもらえるようにしたいと思いました。ゲームには海兵隊員が登場しますが、当初は非常に限られていました。海兵隊がいないと、広い世界で寂しい思いをすることになります。そこで、海兵隊が基本的にどこでもパスファインダーを使えるようにするために、多くの作業を行いました。例えば、世界のどこに行っても、ウォートホッグに海兵隊員を乗せていれば、山の上や洞窟の中まで、できる限りついてきてくれます。それはとても大変なことでした。」

印象的な中ボスや海兵隊とのミッションの追加

さらにスターテンはキャンペーンをより面白いものにするために様々な修正を行ったことを明らかにしています。

「キャプチャーポイントのようなものも追加しました。エネルギーロープに巻き込まれた海兵隊員がいて、彼らを解放して積み込むことができます。そのようなシステムを作ったのです。そのほかにも、私たちが作ったものはたくさんあります。私たちは世界をより良くするための、いわゆる壮大なチャレンジを10~12個ほど用意しました。」

「例えば、ゲーム内のキャラクターを真のミニボスに昇格させ彼らと戦うことで、バニッシュドのリーダーの一人に挑む意味のある瞬間にしたかったのです。トレモニウスとの戦いはすでにプレイされたと思いますが、キャンペーン中にはもっとたくさんのトレモニウスが登場します。トレモニウスの戦いにはもっと時間をかけて、映画のようなイントロを用意したり、ボスが本当に面白い行動をするようにしたかったんです。」

Xbox Game PassでHalo Infinite

『Halo』の新時代が幕を開ける! シリーズ 20 周年を記念して、『Halo Infinite』のマルチプレイヤー ベータ版を Xbox または PC で基本無料でプレイできます。シーズン 1「リーチの英雄」でスパルタンとしての旅の一歩を踏み出そう。今後の期間限定ゲーム内イベントや限定報酬もお見逃しなく。『Halo Infinite』のキャンペーンは、今すぐ予約注文可能。12 月 8 日にリリースされます。

Xbox.comで見る

私が最近のHaloに不満を持っていた部分として友人と話していたところがまさに変更されたようでよかったです。ミリタリーものとしての側面もあったHaloシリーズですが、最近では海兵隊の役割の低下、そして愛すべきエイリアンについてもかなり役割が下がっていたように思えます。彼が参加した時期を考えると修正できた部分は多くはないと思いますが、それでも良いものに仕上がっていることを期待します。
Halo Infinite: the big interview with 343 Head of Creative Joseph Staten • Eurogamer.net
Halo Infinite: the big interview with 343 Head of Creative Joseph Staten • Eurogamer.net

www.eurogamer.net

-Xbox/Windows10 Games
-,