Xbox/Windows10 Games

『ヘイロー:マスターチーフコレクション』シーズン6の詳細なアップデート内容、マウス&キーボードサポートやHalo3マップ追加など。

『ヘイローマスターチーフコレクション』は2014年にリリースされて以来多数のアップデートが行われています。今後2ヶ月間で100 Tierにも渡る新しいシーズンを楽しむことが出来ます。

 

シーズン6:RAVEN

シーズン6「レイブン」が始まり、カスタマイズの100の新しいティアのロック解除が可能になります。これには以下が含まれます。

  • Halo3用のFireteam RavenとHalo Onlineに基づく新しいアーマー
  • Halo3の新しいバックアクセサリのカスタマイズ
  • Halo3用の新しいアニメーションバイザー
  • 新しいアニメーションネームプレート
  • 新しいハイテクスーツの色

シーズン6ではシーズンポイントを完了するための新しいチャレンジのバッチも登場します。

Exchange

プレイヤーはExchangeを使用して、過去のシーズンや期間限定のチャレンジからの独自のカスタマイズにシーズンポイントを費やすことができるようになりました。メインメニューからExchangeにアクセスして、現在利用可能なものを確認しましょう。

新しいHalo3マップ:「Waterfall」

もともとHaloOnline用に作成されたマップWaterfallをHalo 3 CustomGamesで利用できるようになりました。Waterfallは、Halo3のすべての主要なゲームバリアントをサポートする対称マップです。

ウォーターフォールはフライトテスト後に重要な更新を受け取りましたが、パフォーマンスやバグに関するプレーヤーからより多くのデータを収集して、ウォーターフォールがマッチメイキングの通常のローテーションに入る準備ができていることを確認しています。

新しいゲームバリアント:「エスカレーションスレイヤー」

エスカレーションスレイヤーでは、プレイヤーはそれぞれの武器でキルを獲得することにより、一連の武器を手に入れます。プレイヤーが最後の武器でキルを取得するとラウンドに勝ちます。敵を暗殺するか、プラズマグレネードで固定することで、敵を前の武器ティアにダウングレードすることもできます。

エスカレーションスレイヤーは、Halo:Reach、Halo 4、およびHalo 2:Anniversaryで利用可能になります。プレイヤーはゲーム設定を構成してエクスペリエンスをカスタマイズし独自のバリエーションを作成できます。

カスタムゲームでのチーム変更

すべてのマルチプレイヤータイトルのカスタムゲームで、すべてのプレイヤーが試合中にチームを変更できるようになりました。選択のみリーダー試合前のみ、または常にカスタムゲームのロビーを設定中のオプションがあります(常にデフォルト設定となります)

Xboxのマウスとキーボードのサポート

コンソールプレーヤーはXboxでサポートされているこの機能を使用して、マウスとキーボードを使用してプレイできるようになりました。

マウスとキーボードのセカンダリバインディング

マウスとキーボードを使用しながら、任意のアクションを複数の入力にバインドできるようになりました。

Xboxの視野(FOV)および十字線の位置オプション

視野(FOV)および十字線位置オプションが、120Hzでサポートされているデバイスを含むすべてのXboxプラットフォームで利用できるようになりました。

拡張されたオーディオオプション

新しいオーディオオプションにより、プレーヤーは以下を選択できます。

  • ゲームオーディオ出力デバイス
  • ボイスチャット入力デバイス
  • ボイスチャット出力デバイス
  • ボイスチャットのしきい値

これらの設定はWindowsのデフォルト設定を上書きすることが出来ます。

拡張されたアクセシビリティオプション

プレイヤーは、Halo:The Master Chief Collection内で直接追加のアクセシビリティオプションを構成できるようになりました。

  • XboxとPCの両方で、ゲーム内でテキスト読み上げ音声読み上げを構成できるようになりました。
  • Xboxのゲーム内でナレーションを構成できるようになりました。PCでは、引き続きシステムレベルのWindowsナレーション機能を使用します。
  • バックグラウンドビデオを無効にすることは、すべてのプラットフォームで利用できるまったく新しいオプションです。

ゲームごとのゲームプレイ設定

各ゲームには、各タイトルに固有のいくつかの設定を含む、メニューに独自のゲームプレイ設定セクションがあります。

その他の変更

  • プレイヤーは、Halo3の一人称でアーマーのカスタマイズを確認できるようになりました。
  • [クリエイト]メニューの名前が[クリエイティブ]に変更されました。
  • Halo:CombatEvolvedマップをカスタムエディション用に作成されたマップに置き換えるためのサポートが追加されました。
    • 注:マップが常に機能することを保証することはできませんが、公式のカスタムエディションツールを使用して作成されたマップは問題なく機能するはずです。
  • リモートユーザーのプレイヤー詳細を表示する際のXPと進行ランク情報を追加しました
  • ゲーム後の詳細レポートからプレイヤーの詳細を表示するときにプレイヤー招待および参加するオプションを追加しました。
  • Halo 4のロードアウトメニューは、他のカスタマイズメニューとより一貫性があります。
  • Halo:Reachマップ「Breakneck」のForgeパレットの予算を増やしました。

解決された問題

以下は、このアップデートでの修正の内訳です。

  • PCの[ビデオ設定]タブを再編成しました。
    • グラフィック設定ヘッダーが削除されました
    • すべてのトップレベルオプションをグループ化するための一般設定ヘッダーが追加されました
    • UIグラフィックス品質は、UIガンマと一緒にトップレベルオプションの下に移動されました
  • モニター設定が現在接続されていないセカンダリディスプレイに設定されている場合、Halo:Master ChiefCollectionが起動時にクラッシュすることがあるバグを修正しました。
  • 2台のモニターを使用しているときにビデオ設定メニューのスケール解像度を下げて保存した後一部のボタンが応答しなくなるバグを修正しました。
  • 2台のモニターを使用してゲームをもう一方のモニターに移動しているときに、ビデオ設定フルスクリーンモードとボーダレスモードが切り替わるバグを修正しました。
  • さまざまなゲーム起動画面のメインメニューボタンがメインメニューに戻るのではなく、前の画面に戻るバグを修正しました。
  • ロシア語のキーボードレイアウトがチルダ(〜)キーをアクションにバインドできないバグを修正しました。
  • プレイヤーがマウスを使用してチャットウィンドウをクリックすると、チャットウィンドウが閉じるバグを修正しました。
  • 一時停止メニュー名簿を表示すると、すべてのゲーマータグが「プレイヤーが見つかりました」と表示されるバグを修正しました。
  • ゲームのリストを含む他のメニューとは異なり、Halo 2:Classicがカスタマイズメニューに「Halo2」としてリストされていた不整合を修正しました。
  • アスペクト比がウィンドウ5:4に設定されている場合に重複しないように、[ネットワーク]タブのいくつかのヘルプバー項目の名前を短くしました。
  • プレイヤーIDメニューの読み込みに時間がかかることがあるバグを修正しました。
  • 一部のコンソールでHalo:The Master Chief Collectionを起動した後、初めてシーズンリワードメニューに入るときに短い遅延が発生するバグを修正しました。
  • タイトル全体の英語以外の言語でのさまざまなローカリゼーションの修正と更新。
  • セカンダリ分割画面ユーザーのプレーヤーの詳細がリモートユーザーとして誤って表示され、ローカルユーザーに期待されるさまざまなオプションが含まれないバグを修正しました。
  • キャンペーンまたはファイアファイトに複数のキルタブが存在する場合に発生する可能性があったナビゲーションとフォーカスのバグを修正しました。
  • バグを修正殺しほとんどによって殺さほとんどを常にFFAゲームで黒く見えるにウィジェットを。
  • ODST Firefightマップの「Rally(Night)」と「ONIAlphaSite」がプレイリストの[マップ表示]セクションに表示されないバグを修正しました
  • ODST Firefightをプレイするときに、プレイヤーのSteamプレゼンスが関連するFirefightマップではなく、キャンペーンミッションでそれらを表示するバグを修正しました
  • リーダーがカスタムゲームロビーをナビゲートしているときに分隊メンバーに過剰なデータブロードキャストが発生し、切断につながる可能性があるバグを修正しました。
  • プレーヤーがChangeLoadoutのキーを再バインドできなくなるバグを修正しました。

Halo:Combat Evolved

一般

  • シネマティックキャラクターアニメーションは、毎秒30フレームに制限されなくなりました。
  • クラシックグラフィックスが有効になっているときにHalo:Combat Evolvedで太陽が小さすぎるように見えるバグを修正しました。
  • ボタンがそのアクションにバインドされていなくても、Cキーを押したままにして武器を拾う原因となっていたPCのバグを修正しました。
  • [一般的な音量]設定が0に設定されていると、字幕の表示が停止するPCのバグを修正しました。

キャンペーン

  • 協力中に、ビークルの感度とズームされたマウスの感度がクライアント側のプレーヤー(ホストではない)に対して低すぎるバグを修正しました。
  • 急速に発射されたときにシェードタレットが途切れ途切れに聞こえるバグを修正しました。
  • キャンペーンでWarthogエンジンの効果音が静かになりすぎるバグを修正しました。
  • クラシックグラフィックスのシネマティクス中に、プレイヤーのフレームレートに応じてキャラクターモデルが「振動」するバグを修正しました。
  • Warthog and Scorpion Tankのマシンガンタレット発射オーディオは、従来のオーディオと一致するようになりました。
  • 武器をニードラーに切り替えるための効果音は、従来のオーディオと一致するようになりました。
  • ニードラーはミッション「真実と和解」のムービーの最中に、キース官庁の手に飛び込んだようには見えなくなりました。
  • レガシーバージョンには存在しなかった「コントロールルームでの暴行」シネマティックの開始時のリロードサウンドを削除しました。
  • リマスターされたグラフィックの「Two Betrayals」シネマティック中に画面の右下を数秒間ブロックする光のオブジェクトを修正しました。
  • リマスターされたグラフィックの「Two Betrayals」のオープニングシネマティックでコルタナが話しているときにポップするオブジェクトを削除しました。
  • クラシックグラフィックスのミッション「343 GuiltySpark」の最後のシネマティックで、カメラがマスターチーフのアサルトライフルをクリップしなくなりました。
  • リマスターされたグラフィックの「The Pillarof Autumn」のオープニングカットシーン中に、カメラがレベルジオメトリの背後でクリップしなくなりました。

Halo 2:アニバーサリー

一般

  • 車両の近くにいるが車内にいないプレイヤーに対して、車両の効果音が大幅に静かに聞こえたり、存在しなかったりするバグを修正しました。

Halo 3

一般

  • Gauss Warthog Turretのピクチャーインピクチャーステンシルビューが、ゴーストがユーザーの視野内にある場合にのみ機能するという従来のバグを修正しました。
  • H3の新しいスキンが無効になっているときにフライト中に発生する問題を含むHalo3 TechSuitのいくつかの問題を修正しました
  • H3トグルの新しいスキンがゲームプレイ中にカタナチェストアーマーピースを誤って非表示にするバグを修正しました。
  • 画面の端にある車両ブーストブラー効果がジッターする原因となっていたバグを修正しました。
  • 真珠光沢のあるバイザーのカスタマイズで、バイザー全体に異常なエッジとラインが表示されるバグを修正しました。
  • ゲームウィンドウのサイズを約半分に縮小すると、Halo3のカスタマイズメニューのSpartanの右腕と肩の部分のモデルが消えるバグを修正しました。
  • 更新されたシーズン5のカスタマイズ:
    • スパルタンが両手武器を持っている間、タンカーと縫合糸の左側の鎧のヴァンブレイスは特定の角度から透明ではなくなりました。
    • AVIATORのレッグピースは、モデルプレビューでSpartanモデルのtechsuitをクリップしなくなりました。

フォージ

  • ヴァルハラのフォージ武器メニューにセンチネルビームが2回表示されるバグを修正しました。
  • オブジェクトを床に近づけると、Forgeカメラが保持されているオブジェクトの内側をズームすることがあるバグを修正しました。

Halo 3:ODST

一般

  • Toggle Display Waypoint Markersを矢印キーからリバウンドできるようになり、バインディングの重複を防ぎます。
  • 車両のブースト中にモーションブラーが大きくジッターする原因となっていたバグを修正しました。
  • Firefightマッチのホストのみが音声回線を聞く原因となっていたバグを修正しました。

Halo:Reach

一般

  • 義手を備えたチェストアーマーピースを使用すると、カスタマイズメニューの左腕二頭筋に小さな灰色のボックスが表示されるバグを修正しました。
  • CQCヘルメットのバリエーションでバイザーの色がバイザーの表面全体に適用されないバグを修正しました。

フォージ

  • テンペストマップバリアントの侵略中に、サイレンが両方の目的で継続的に再生されるバグを修正しました。ユニークなサイレンは、攻撃を受けている間だけ、各目的のためにプレイする必要があります。
  • ブレイクネックマップバリアントの侵入中に、目標が攻撃されているときにサイレンが再生されないバグを修正しました。ユニークなサイレンは、攻撃を受けている間だけ、各目的のためにプレイする必要があります。
  • フォージワールド、テンペスト、ブレイクネックにブレイクポイントのコヴナント爆弾のサポートを追加しました。これらのマップの侵略では、エリートが攻撃しているときに、この爆弾がアサルトフェーズでスポーンするようになります。

Halo: The Master Chief Collection

マスターチーフの旅を象徴する PC 向けの 6 作品がひとつになった。往年のファン、スパルタン 117 を初めて知る人のどちらにとっても、The Master Chief Collection では、Halo の真髄を楽しめます。

Halo: The Master Chief Collection
Halo: The Master Chief Collection
Developer: ‪Xbox Game Studios‬
Price: ¥4,212+
created by Rinker
マイクロソフト
¥4,290 (2021/09/27 00:06:46時点 Amazon調べ-詳細)

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-,