Xbox/Windows10 Games

Xbox Series Xのチップは非常に高価であることが明らかに。

マイクロソフトは最近Hot Chips 2020のイベントでXbox Series Xシステムアーキテクチャの技術的な講演を行いました。この中でXbox Series Xに使われているチップが非常に高価であることを強調しており、11月に発売されるゲーム機が高価になる可能性が示唆されました。

 

製造コストは低く抑えられない

PC Magが指摘しているように、マイクロソフトはチップの製造コストを低く抑えることは難しい事を証明しました。

マイクロソフトは、TSMCの7nm Enhanced SoCテクノロジーを利用しており、多くのトランジスタを使用しています。これはXbox One Xの66億を超える154億です。さらに7nm Enhanced は以前の16nmよりも高価です。

さらにプロセスの歩留まりも明らかに低いことが明らかになっており、Xboxアーキテクトのジェフアンドリュー氏は次のようにコメントしています。

"基本的には3つの技術で同じ金型面積を持っていて、最新の金型の方が大幅に高い..."

 

販売価格予想は難しい

Monster Energyの景品資料から推測されている599ドルが最有力と思われますが、次世代SSDや新しい冷却システムなどあらゆる性能を考慮するとコストは予想するのが非常に難しくなります。マイクロソフトはいくらに設定するのかは分かりませんが、廉価版であるXbox Series Sが本当に発売されるとすれば、ハイエンドモデルであるXbox Series Xはある程度高めの価格を設定する可能性は十分考えられます。

 

Xbox Series X May Give Your Wallet a Workout Due to High Chip Manufacturing Costs
Xbox Series X May Give Your Wallet a Workout Due to High Chip Manufacturing Costs

Don’t be surprised if the Xbox Series X ends up costing more ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5