XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

DirectX 12がバリアブルレートシェーディング対応を発表! シェーダー負担が軽減。

更新日:

マイクロソフトはDirectX12にVriable Rate Shading(VRS・可変レートシェーディング)への対応を追加することを発表しました。

 

バリアブルレートシェーディングとは?

バリアブルレートシェーディングとは、開発者がより効率的かつインテリジェントにGPUを使用するための強力なAPIです。

シェーディングはゲームのグラフィックスに大きく影響を与えるものですが、GPUへの負荷も非常に大きい物です。

バリアブルレートシェーディングを開発者が設定すると、自動的に見栄えへの影響が大きい場所に集中して負荷の大きい処理を行い、逆に見栄えの影響が少ない部分に関しては軽い処理を行うことで、ゲーム中のパフォーマンスを大幅に向上させることが期待出来ます。

 

バリアブルレートシェーディング採用予定のスタジオ

このテクノロジーはUnity、アクティビジョン、UBISOFT、Epic Games(Unreal Engine)、343 Industries、Massive Entertainment、Playground Games、Stardock、IO Interactive、Turn10などの主要スタジオや主要エンジン開発会社が対応を計画しています。

 

詳細については下記のマイクロソフト公式ブログ記事でご確認ください。

Variable Rate Shading: a scalpel in a world of sledgehammers | DirectX Developer Blog
Variable Rate Shading: a scalpel in a world of sledgehammers | DirectX Developer Blog

One of the sides in the picture below is 14% faster when ren ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.