XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

まさかのリメイクマップ!Halo Wars2に『フォートジョーダン』マップが追加!

HaloコミュニティのWrensiことマットジョーダンは343 Industriesとコミュニティの共同でHalo Wars 2にリメイクマップを追加しました。

今回はHalo Wars1からフォートディーンの精神的な後継です。

 

フォートジョーダンについて

多くのリメイクマップと同様に、オリジナルのマップと同じスケールではありません。 このマップはHalo Wars 1のジオメトリデータを文字通りインポートしたものなので、形状は全く同じです。 違いは縮尺で、フォートジョーダンはマップが広くなりました。 またHalo Wars 2の仕様に合わせており、ミニマップ、シールドウォール、パワーノード、一方通行の手レポーターを備えたヘイローウォーズ2のマップパレットを使い、アップグレードしました、 最も大きな違いは複数のチームサイズ構成でプレイできるようになったことです。 デスマッチ、ストロングホールド、ドミネーションにも対応しています。

このマップはすでにHalo Wars 2のカスタムマッチ(スカーミッシュ)で試すことができます。 マップに関するフィードバックがあれば公式コミュニティフォーラムで投稿してください。

 

開発秘話

2017年11月に343 Industriesの一握りのHalo Wars 2チームは部屋に集まり、将来のサポートについて話し合いました。 Creative Assembly(Halo Wars 2の開発会社)が取り組んだダウンロードコンテンツの制作は完了し、計画されていたコンテンツパッチはすべて終了しました。 そのため多くの人はスタジオのほかのプロジェクトへと完全にロールオーバーしていました。

プロジェクトの終わったということは普通はサポート以外の作業はもうしないことが一般的です。 チームを維持するためには、何か開発する必要があります。 我々はどうするべきか話し合いましたが、今回はいつもとは違いました。 プロジェクトを支援し続けるためにどのようなことができるでしょうか。

2018年1月になり、マットとテイラーはHalo Wars 2のXMLデータを解析するために2カ月かけて過ごしました。 この一環として、マットはHalo Wars 1のBlood GulchをHalo Wars 2のエディタで試作しました。 それに対して最初のテイクは問題があったので、それは没になりました。 しかしこれを行ったことで多くの学びがありました。 その月の後半に、私たちは何にかのエンジニアの力を借りて最初のバランスアップデートも作りました。 実際のパッチを構成するためにどのスクリプトやファイルを実行する必要があるのか、様々なテストを環境サンドボックスでどうやって行うべきか、どの認証プロセスをいつ実行すればエンドユーザーに届けることができるかを学びました。

現時点ではCreative Assemblyが何らかの更新を行うためのプロセスを学び、343 Industriesはコミュニティを成長させ続けるためにHalo Wars 2のバランスアップデートを提供しながら、今後のMCCの更新を邪魔しないようにしてきました。

数カ月がたち、クレイジーなドイツ男が我々のパブリッシングチームの新しいエグゼクティブプロデューサーになりました。 彼が現れる前に我々が持っていた期間は満了を迎えようとしていました。 その時に自分たちがもっと続けたいのか、新しいことができるの尋ねられました。 あうぇいくにんぐざないとめあ DLC以来、新しいコンテンツはありませんでした。

マットとデーヴィスはHalo Wars 2が好きだったので、機会が与えられたことでプレイヤーを楽しませるために全力を尽くしたいと思いました。 バランスパッチを提供することが当初プレイヤーにとって必要なことでした。 しかし続けていくうちに本当に体験を変えるアイディアについて話し合い始めました。

初期のブレインストームは、The Yappiningが由来するものを提供しました。 これは3月末から始まった狂ったゲームの引継ぎです。 Yappingはバランスを崩壊させるアップデートで、エイプリルフール期間中だけ提供されました。

クレージーな冗談をやった後、先ほどのクレイジーなドイツ男(Pierreという名前です)はおかしいとは言わず、我々の考えに耳を貸してくれました。 そして邪魔するつもりはない、実現したいならビルドしてくれと言ってくれました。

我々は城へのカギを手渡され、私たちが何も壊さないことを条件に城を飾り付けていいといわれました。 私たちはアイディアを追いかけるために目標を達成し、学ぼうと考えました。

これをはじめとする舞台裏の変化の後、8月のクライアントセンターの更新プログラムの作業に集中する必要がありました。私たちはまだHalo Wars 2の計画を立て、もっとやり続けたいと考えていました。 マスターチーフコレクションに頭を悩まされているにもかかわらず、マットはまだ彼の情熱プロジェクトであるフォートジョーダンの夢を見ました。

我々はHalo Wars 2にまだまだワクワクしていますし、今後も興奮し続けるつもりです。 ユーザーのフィードバックをもらい、欲望をかなえていきたいです。 すべてを実現することはできませんが、情熱的なHalo Wars 2のコミュニティのサポートを継続るために、どこまで時間を費やすことができるかを見続けていきます。 次の作品まで時間がかかるかもしれませんが、我々は多くのものに取り組んでいます。

2つのインフェルノ

ローンチについて、PostumsとWrensiは次のように話しています。

 

Postums

それでマット。 Halo Wars 2のマップリリースを考えたことがありますか?

Wrensi

あまり考えてはなかった。 自分がやりたかったので、暇な時間があるときに私はエディタを触っていました。 私が何人かの人に見せて、彼らが気に入った後でさえ実際にゲームにリリースできる期待は低かった。 当時はチームに対するエンジニアリングサポートが不足していたので、マップが出荷可能かどうかすらわかりませんでした。 私たちはリリース日をマップ上に置くことを決め、リリース可能な最後の数カ月で大量の作業が行われました。 マップの名前がまさか自分の名前になるとは思ってませんでしたけどね。

Postums

フォートジョーダンを作るうえで難しかったことは?

Wrensi

エディタがわかりやすいデータで名前が付けられているわけではないので、非常に難しいことでした。 プレビューなしでRock01、Rock02、Rock03といったデータがたくさん並んでいます。 それ以外は作業する時間を見つけるだけでした。 先に述べたように、もともと1v1のマップを追加するのが好きだったBlood Gulchから始めました。 しかし周りの意見はフォートディーンをやるべきだということでした。 マスターチーフコレクションの作業で多くの時間を作業していたので、毎週わずかな休み時間で作業しました。

Postums

Halo Wars 2にどんなコンテンツを作りたい?

Wrensi

もっと雪がみたいな

Postums

フォートジョーダンを作っていて楽しかったのは?

Wrensi

たぶん実際に動かして、エディタウィンドウ画面じゃなくて実際に自分のXboxでゲーム内に移ったのを見た瞬間。 それがとても興奮するものだった

Postums

YapYapとDecimusの裏側で次のバランスアップデートがはいつきますか?

Wrensi

更新のために取り組んでいる変更点はいくつかありますが、3月上旬に配信されることを願っています。 プレイヤーがすぐに見れるようなドラフトを準備中です。

Postums

YappingはHalo Warsに戻ってくる?

Wrensi

すると思います。 しかし前回のようにゲーム全体を上書きしてはいけないので、プレイヤーが選択できるようにゲームタイプの分割をできるか調べたいと思います。 できる可能性は高いと思っています。

 

将来について

Halo Warsを取り巻く最も驚くべき物語の1つはコミュニティであり、それがどのようにしてタイトルを支持してきたかです。 膨大な量のフィードバックを読むのは大変な作業でしたが価値はありました。 ゲームを発売して以来ずっとプレイしていて、バランスアップデートを形作る手助けをしてくれるコミュニティとの会話は私の仕事で最もいいい体験でした。

Halo Warsの将来のためにタイトルに取り組んでいき、できるだけそれをサポートし続けたいと思います。 大量のDLCリーダーやマップなどのコンテンツを大量に追加する予定はありませんが、コミュニティと直接連携して戦略的なゲームバランスの調整を行い、時間があれば意味のあるコンテンツを作成します。 物事は変わる可能性があるかもしれません。 フォートジョーダンがコミュニティから好評を博し、さらに興味があれば何かあるかもしれませんが約束はできません。

Halo Wars 2をプレイし楽しんでくれた皆さんに感謝します。 キンサノのジャックラビット、フォージホグのシーズン、アービターのファントム、セリーナのアイストラックなど様々上り下がりを経験してきましたが、これまで通りコミュニティが多くのアップデートを見たいと思うのであれば、遊び続けて我々がより多くを作れるように駆り立ててください。 343 IndustriesのオープンチームはHalo Wars 2のサポートを継続したいと考えています。 2歳になったばかりのゲームで、継続的なバランスパッチとバグ修正を行い、このコミットメントを示しました。 これはどのゲームでも避けられないことなので、我々の努力は遅くなるかもしれませんし、やがてなくなるかもしれません。 しかし今のところ我々はできるだけ育て、拡大するために努力し続けます。

フォートジョーダンについてのフィードバックはこちら(英語)のフォーラムで受け付けています。

Halo Wars 2: Welcome to Fort Jordan | Halo Wars 2 | Halo - Official Site
Halo Wars 2: Welcome to Fort Jordan | Halo Wars 2 | Halo - Official Site

The ever-talented Matt Jordan, aka “Wrensi” in the Halo comm ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.