Xbox XboxOne/Windows10 Games

Xbox Oneの120Hzモードとは?

更新日:

xbox-one-120hz[1]

 

マイクロソフトは2018年5月のアップデートで様々な機能を追加しました。

その中の機能の一つ、120Hzモードを今回はご紹介いたします。

 

120Hzとは?

120Hzはリフレッシュレート(画面の更新量)を通常の倍にすることでゲームプレイをスムーズにする方法です。

ゲームコンソールは一般的に60Hzまでしかサポートされていませんでしたが、これを有効にすると対応ディスプレイでスムーズなプレイが楽しめるようになります。

 

120Hzを利用するには

120HzモードはXbox One X、Xbox One Sで最新のシステムアップデートが適用されている必要があります。

現在のところXbox Insider Programの一部ユーザーに限定されている機能ですが、数週間以内に一般ユーザーにもリリースされる予定です。

 

またコンソールを120Hzに対応したテレビまたはモニターに接続する必要があります。

あわせてHDMI 2.0ケーブルで接続されたHDMI 2.0対応のテレビやモニターである必要もあります。

 

HDMI 2.0の制限は120Hzサポートと4Kの組み合わせは利用できないことを意味します。

そのため1440p/1080pでの120Hz出力になります。

 

Xbox Oneでは意味がない?

120Hz環境を有効にしてもシステム全体の改善は期待できません。 多くのXbox Oneタイトルは30Hzから60Hzの間でフレームレートを制限して設計されています。 いくつかのゲームはフレームレートキャップが設定されていないものもありますが、これでも劇的な変化は見られません。

また解像度を4Kに選択できないため、4K環境を持っている人にはお勧めできない機能です。 今のところ120Hz対応に設計されたゲームがほとんどないため、メリットは限定的です。

 

現状Xbox Oneで120Hzを使うメリット

ゲーム側が120Hzに対応していなくても、有効にするメリットは何かあるのでしょうか。 一般的なディスプレイではフレームを受信するとゲームのイメージが表示されます。

デバイスから出力されたフレームがディスプレイのリフレッシュレートを超えると、画面描画中に新しいフレームをプッシュし、同時に2つのイメージが表示されます。

これが”スクリーンティアリング”と呼ばれる現象です。

 

Xbox OneではVRRを使うことでモニター側でフレームの整合性をとるAMD Freesync(VRR)に対応しています。

そのため120HzとVRRを両方有効にすることで、通常よりもかなりスムーズに、低遅延なゲームプレイが実現できるとのことです。

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/state-of-decay-2-survivors-guide

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox, XboxOne/Windows10 Games

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.