Xbox XboxOne/Windows10 Games XboxOne:周辺機器

Xboxコントローラにたった3000円でトリガーロックを追加する方法

更新日:

BNK-9011-QuickShot_PR1_7c8fe9e6-4207-4f08-8546-2556115f5ac5_480x480[1]

 

 

Xbox One Elite Controllerのようなハイエンドなコントローラを買っても、結局難しいパドルは外してしまって、トリガーロックだけを使っているという方には朗報かもしれません。

BIONIKが発売しているQUICKSHOTを使えば、純正Xbox Oneコントローラにアタッチメントを取り付けることで、トリガーロック機能をつけることが出来ます。

 

トリガーロック機能はXbox One Elite Controllerなどで搭載されている機能で、トリガーの幅を半分にすることで、最大値までかかる距離を短くし、FPSゲームですぐにショットを撃つことが出来るようになります。

他にもトリガーで繊細な操作を必要としないタイプのゲームで有効な機能です。

 

取り付け方法

Windows Centralのとりつけレビューによると、コントローラの純正グリップをプラスチック工具で外し、上からカチっという音がするまではめることで交換できるとのこと。

交換後はトリガーストップを切り替えるだけで入力幅を切り替えることが出来るようになります。

 

→BIONIK QUICKSHOTをAmazonで見る

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox, XboxOne/Windows10 Games, XboxOne:周辺機器

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.