Xbox XboxOne/Windows10 Games

HALO WARS 2、3月のアップデートが30日配信へ!クロスプレイ強化、航空vs対空の調整など。

投稿日:

creative-assembly-banished-mission[1]

 

HALO WARS 2の最新アップデートが3月30日に配信となることが明らかになりました。

 

クロスプレイ強化、シーズン10

11のプレイリストのうち9プレイリストがクロスプレイになります。 ゲームバランスでは全体として航空周りの調整となります。

 

クロスプラットフォームプレイ プレイリスト

Versus AI
Rumble
Team War
Ranked 2v2 Objective
Ranked Solo War
Ranked 3v3 x War
Ranked 1v1 Blitz Open
Ranked 2v2 Blitz Open
3v3 Blitz

 

Xbox のみ プレイリスト

Ranked 2v2 War
Ranked 3v3 War

 

PC のみ プレイリスト

Ranked 2v2 War

 

航空 vs 車両とコロッサス

フィードバックに基づき、航空と車両(とコロッサス)についてのバランスが調整されました。

 

・航空vs車両とコロッサスのダメージは、140%のダメージから130%のダメージに減少しました。

 

航空 vs 対空

バンシーとホーネットはアンチエアユニットに対してあまりにもコストパフォーマンスがすれていました。 これは対空ユニットのコストが高すぎるということもあります。

 

・航空vsアンチエアユニットのダメージが5%現象

 

視界エリアの修正

バニッシュドのクローキングされたベースを壊すのが難しいと感じるプレイヤーが多いため、視界に関する仕組みが変更されます。

 

  • エンジニアとコラプトエンジニアの検出範囲は40で、現在は65です。
  • エリートレンジャーの検出範囲は40で、現在は70です。
  • チョッパーは35、現在は75です。
  • ゴーストは35で、現在は80です。
  • リーバーは50で、現在は75です。
  • ナイチンゲールは50で、今は65です。
  • スナイパーは50で、現在は90です。
  • ジャックラビットは35で、今は80です。
  • ウルヴァリンは50で、現在は75です。

 

スカウト

彼らの目的は、ラッシュ時の歩兵ユニットを止めることです。 しかしラッシュユニットに対してのパフォーマンスが悪いためバランス調整が行われます。

軽装甲ユニットとは、ブルート、グラナディエ、ブルートライダー、自爆グラント、クライオフレイマー、フレイマー、

ライトトラッシュユニットとは、ジャンプパックブルート、エリートフォーサーのことです。

 

  • ジャックラビット対軽装甲ユニットの武器のダメージは10.5%増加します。
  • ジャックラビット対ライトラッシュユニットのダメージは15%増加します。
  • スティッカー、ゴースト、およびチョッパー対6%の軽装甲ユニットのダメージ増加。
  • スティッカー、ゴースト、チョッパー対ライトラッシュユニットのダメージ増加。

 

スナイパー&レンジャーvsリーダーユニット

歩兵系ヒーローユニットに対して7.5%有効性が増加しました。

 

ワートホグラム

ワートホグラムのダメージタイプは複数のユニットで共有されており、ビークルにたいしては有効性が低下します。

 

・ワートホグラム対ミディアムアーマータイプは28%低下

 

地雷

地雷は固定ユニットの上に落とすことが出来なくなりました。 しかし現在でも低コストで有効なリーダーパワーです。

 

UNSC

 

海兵隊

・海兵隊の対空DPS15%増加

・海兵隊のロケットダメージ8%低減

 

ヘルブリンガー

アップグレードが高いため、建物ダメージが少し改善されます。

・火炎放射兵対建物のダメージが5%増加

 

ウルヴァリン

・150/190から150/180にエネルギーコストを削減

・グレネードのDPSは30%増加

 

スコーピオン

・基本DPSが12パーセント増加

 

スパルタンスラム

・スタン時間が5秒から4秒に減少

Falloff ring adjustments.

  • Was 3/100%, 15/50%
  • Now 3/100, 8/50%, and 15/25%.

・基本DPS5パーセント減少

 

UNSCのタレット

再びバランス調整が行われました。

 

・対歩兵タレット5.5%ダメージ減少

・対戦車タレット10%ダメージ強化

・対空タレット スプラッシュ半径ダメージが正しく与えられない問題を修正

・シージタレット DPS 3%減少

 

ヴァルチャー

・アンチエアミサイル10パーセント強化、地上砲5パーセント増加

 

ヴァニッシュド

 

バニッシュドのタレット

・全体的に10パーセントDPS強化

・対空タレットのスプラッシュ半径ダメージが正しく与えられないバグが修正。

 

バンシー

・バンシーフューエルロッド対建物ダメージは9パーセント減少

・バンシーフューエルロッド対アンチエアは17パーセント減少

 

ブリスターバック

・エアモードでのプラズマキャスター5パーセントダメージ強化

・命中精度の強化

 

コスト変更

  • T1が300/200から350/150に変更されました。
  • T2は400/300から450/250に変更されました。
  • T3が500/400から550/350に変更されました。

 

ビーム移動速度が変更(バンシーは20.5です)

  • T1が17から18に変更されました。
  • T2は17から19に変更されました。
  • T3が17から20に変更されました。

 

ダメージリングが各層に追加

  • センターリングは125%のダメージを与えます
  • センター外のミドルリングは100%ダメージを与えます。
  • ビームの最外縁は75%の損傷のリングです。

 

エリートレンジャーズ

・基本DPS 5%増加

 

グラント

・対空ダメージ15%増加

・ブルートグラントの攻撃力5パーセント増加

・エリートグラントのダメージ7.5パーセント増加

・バックブラザーのダメージ7.5パーセント増加

・スクワッドリザーブは8.5%ダメージ増加

 

ハンター

漁るとビームのアップグレードを行ったときに、ハンターが有料になるように調整されました

 

ジャンプパックブルート

・ジャンプパックブルートはスタンの衝撃が遅くなりました

 

リーバー

  • 175/225から175/215へのエネルギーコスト削減。
  • ガンナーのDPSは31%増加した。
  • リーバージャンプ能力は24%増加しました。

 

レイス

・体力5%増加、シールド5%増加、メイン大砲攻撃力12%増加

 

リーダー

 

アービター

 

怒りの伝播

  • T1の回復は1.5秒ごとに4%から、2秒ごとに3%になりました。
  • T2の回復は1秒ごとに4%から、1.5秒ごとに3%になりました。
  • T3の回復は、7秒ごとに4%から、現在は1秒ごとに3%です。

 

・エリートエンフォーサーのクールダウンが35パーセント増加

・ヒーローユニットの反射ダメージが10パーセント減少

 

アトリオックス

  • ベースT1の前哨コストは400/150になりました。
  • ベースT2の前哨コストは300/125になりました。
  • 他のすべてのコスト削減は、T1で3%、T2で6%低下しました。
  • ブルワークのクールダウン時間が20秒短縮されました。
  • ブルワークの治癒率は30%/ 40%/ 50%から35%/ 45%/ 55%に増加しました。

 

アンダース

  • T1レトリーバーセンチネルの体力とDPSが10%増加
  • T2レトリーバーセンチネルの体力とDPSが10%増加
  • T3レトリーバーセンチネルの体力とDPSが15%増加
  • レトリーバーセンチネルは、キャスト時に24個の代わりに30個の人口を占めるようになりました。

 

カッター

カッターのヒーローであるジェロームのレーザーのアップグレードが行われます。

  • スパルタンレーザーのアップグレードでは、車両対ダメージが10%増加します。
  • スパルタンレーザーのアップグレードでは、非車両に対するダメージが15%増加します。
  • ポスト攻撃のクールダウンは15%減少しました。

 

デキムス

・バウンドレスサイフォンが3パーセントから2.5%に減少

・サイフォンのコスト増加

  • T1 200/50が300/100に増加しました。
  • T2 300/75は400/150に増加した。
  • T3 400/100が500/150に増加

・サイフォンの有効性が減少

  • T1は7%から6%に減少しました。
  • T2は9%から8%に減少した。
  • T3は11%から10%に減少しました。

 

フォージ

 

・グリズリーバタリオンのコストが3000/450から2750/450に減少

 

各階層のコストが増加します。

  • T1 300/200は350/250に増加しました。
  • T2 400/300は450/350に増加した。
  • T3 500/400は550/450に増加した。

ダメージリングの変更。

  • 古いT1の半径と損傷:1.5 / 125%、9.0 / 100%、19/60%、22/40%
  • 新しいT1半径とダメージ:2/125%、6/100%、16/50%、22/40%
  • 古いT2半径と損傷:1.5 / 125%、9/100%、19/60%、26/40%。
  • 新しいT2の半径とダメージ:3/125%、8/100%、18/60%、26/40%
  • 古いT3の半径とダメージ:2/125%、10/100%、20/60%、27/40%、33/30%
  • 新しいT3の半径とダメージ:1/150%、2/125%、8/100%、18/60%、26/40%、33/20%コスト

ベースDPSは各階層ごとに減少しました。

  • T1ダメージが9%減少しました。
  • T2ダメージが6.5%減少しました。
  • T3ダメージが5%減少しました。

 

ジョンソン

・コロッサスのスピードアップ

・マンティスが600から400にコスト減

・シールドは10パーセント増加

・ベテランの改善

・ジョンソンの回復ビーコンは343%体力増加

 

セリーナ

・フロストレーヴンの能力回復が90パーセントから60パーセントに変更。

 

パヴィアム

・リッチヴァンガードのダメージ40%増加、登場時間25%減少、ユニットスポーナ体力15%増加

・パヴィアムスタンドが20秒から10秒に短縮

・パヴィアムのヒーロー能力がアップグレードで40%/ 50%から10%/ 20%に減少しました。

・ヒーローの反射ダメージが10%減少

 

シップマスター

  • スカウトマインの表示範囲は、最初のポイントが25%、2番目のポイントが20%増加しました。
  • アドバンスドクローキングは、シュラウドの電力コストを最初の30ポイント削減しました。
  • アドバンスドクローキングシュラウド隠蔽範囲は2点目で15%増加しました。

 

ジェローム

  • オメガチームは2000/2000から1800/1800に短縮されました。
  • フィールドプロモーションが1000/1000から800/800に減少しました。
  • 8%のマストドン速度の増加。

 

ヴォリダス

・コンバットスポイルが最初に15%、2番目に28%減少

・ヒーローの体力5%減少

 

キンサノ

・インセンディアリーグレネードフレームホグの車両ダメージ20%減少

・フレームホグの建物ダメージ7パーセント減少

・ヘルドロップコールドダウンが90パーセントから110秒に増加

・キンサノのベテランバグ修正

 

ヤップヤップデストロイヤー

・メタンパーティは265秒から300秒に増加

・グラントドームのクールダウン時間が180秒から210秒に増加

・シェイドタレットのクールダウン時間が150秒から180秒に増加

 

ブリッツ

・バンシーのコストが60から50に減少

・ホーネットのコストが70から60に減少

・アトリオックスのコストが200に減少

・ウォーロードのコストが170に減少

・パヴィアムのコストが205に減少

・ヴォリダスとセリーナのマインが50に増加

・スーパーユニットの持続時間は40から60秒に増加

 

ターミナルファイアファイト

シュラウドはナイチンゲールのように、ターミナルを覆い隠すことが出来るようになりました。

 

ソース:

https://www.halowaypoint.com/en-us/forums/38bd6e2ebbb14e5b9b359bb029588800/topics/march-balance-update-3-30-2018/83709b4a-e0f3-4a7e-a175-e577add9a5d3/posts

https://www.artstation.com/artwork/oVmrq

Halo Wars 2 アルティメットエディション - XboxOne
日本マイクロソフト (2017-02-17)
売り上げランキング: 17,743

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox, XboxOne/Windows10 Games

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.