XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

MS、XboxOne向けに今後より多くの日本のゲームの提供を目指す。

ReCore-Features[1]

マイクロソフトのXbox担当、フィルスペンサーは日本のXboxのサードパーティパートナーに最近直接交渉し、Xbox Oneに多くの日本のゲームタイトルを発表しました。

最近のタイトルでは「コードヴェイン」「真・三国無双9」「ソードアートオンライン:フェータルバレット」といった数々のタイトルが発表されています。

 

過去を振り返れば、Xbox360では多くの日本メーカーの独占タイトルを発表しました。「テイルズオブうヴィスペリア」「ロストオデッセイ」「インフィニットアンディスカバリー」を初めとする数多くの日本製ゲームタイトルが発売されましたが、Xbox360の売上への貢献は期待を下回った物だったため残念ながら長くは続きませんでした。 DualshockersはXboxのアーロングリーンバーグに日本のゲームについて尋ねました。

 

グリーンバーグは、マイクロソフトが常に日本のクリエイターに深い敬意を持っており、MSスタジオ内、サードパーティのプロジェクトで彼らと活動していることを話しました。 フィルスペンサー自身は特に日本のゲーム開発者を気にかけており、定期的に日本に訪れ、日本のゲームに対して情熱を見せています。

 

アーロングリーンバーグは今後多くの日本製ゲームタイトルがXbox Oneでリリースされることに期待して欲しい、マイクロソフトは彼らとできる限りのことをするとコメントしています。

彼はまた、日本のクリエーターは常に新しいテクノロジーに対して挑戦的であると述べました。 Xbox One Xは開発者と協力し、良い物になると話しています。 

 

マイクロソフトの国産ゲームタイトルといえばスケイルバウンドが開発中止となったことが記憶に新しいです。 しかしマイクロソフトはスケイルバウンドの商標を延長していますし、スケイルバウンドのビジョンを信じていたと話しています。 しかし計画がどんなに素晴らしい物でも、現実には何かしらの理由で上手くいかなくなることがあります。 これは映画でも音楽でも、そしてビデオゲームでもどんな想像上のプロセスで発生しうることです。

 

今回の話は恐らく海外向けに提供される日本製Xboxゲームについてであり、日本のXbox Oneの展開には直接的に影響されない思われますが、日本の開発者を通して日本のXbox市場も盛り上がると良いですね。

 

ソース:

http://www.dualshockers.com/xbox-one-japanese-games-aaron-greenberg/

 

Dishonored: Death of the Outsider 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2017-09-15)
売り上げランキング: 1,708

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.