Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Windows10 SがWindowsストアのテコ入れになる!?

マイクロソフトはWindowsストアからシカ追加でアプリを入れることが出来ない安価なWindows10ラインナップ、Windows10 Sを発表しました。 これにより開発者がWindowsストアにコンテンツを登録することが期待されます。

 

541117-surface-laptop-640x360[1]

 

UWPの普及

UWPとはマイクロソフトのストアアプリの規格でUWPアプリの特徴はWindows10のPC、タブレット、スマートフォン、XboxOne、Hololensといった様々なマシン全てで動作させることが出来るという物です。 現在も一部アプリがサポートされているものの、注目度が低いプラットフォームとなっています。 今後対応アプリが増えると良いなと思っては居るのですが…

 

Win32アプリもストアに配信出来る

マイクロソフトは既存のWindowsアプリケーションのインストーラをストアアプリに変換するツールも配信しており、今後Surface Laptopを初め安価なWindows10 S PCが普及するにつれてPCソフト開発者がWindowsストアでアプリを販売することが増える物と考えられます。

 

将来はContiniuumに繋がるかも

Windows10 Sは2in1やPC向けのOSですが、Windows10 MobileをディスプレイにつなげればPCになるContiniuum機能が将来的に進化することでWindows10 Sに近い体験が出来るプラットフォームに進化する可能性は十分あります。 実際MSのCEOナデラ氏は今後究極のモバイルデバイスを作るプランがあると発言しています。

 

ソース:

http://www.windowscentral.com/windows-10-s-gives-project-centennial-and-uwp-purpose

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5