WindowsPhone

Lumia 950、没になったジェスチャー操作が便利そう!

更新日:

Woman sitting at desk with camera and monitor, looking at her Lumia 950

Lumiaファンの多くはLumia 950、Lumia 950 XLをあまり良い端末だと思っていませんでした。 この端末は従来のWindows Phoneより多くの点で改良された端末でしたが、スマートフォン市場で目立つ機能のない製品でした。 Lumiaの象徴となる素晴らしいカメラはソフトウェアのバグが影を落とし、発売後Windows Phoneの後継機種が登場しないことがアナウンスされたことからあまり魅力的なアップデートもありませんでした。

元々Lumia 950/950XLは2015年11月に出荷する予定がないデバイスだったそうです。 マイクロソフトは開発中のLumia 950を安定して発売させるために、Surface Penのサポートやハードウェアジェスチャー機能など、売りになる予定だった機能を削除し、発売を急いだとのこと。

Lumia 950のジェスチャー

Lumia 950のプロトタイプではマイクロソフトはアクティブサイドと呼んでいた便利な機能を備えていました。 この機能はLumia 950の発売委年前に開発されていたLumia McLarenで搭載されていた者です。

Windows Centralは最近開発版のLumia 950のプロトタイプを入手し、ジェスチャー機能が搭載されていたのを確認したとのこと。

マイクロソフトは「タッチ&ジェスチャー」と呼んでいる機能にこの機能を組み込んでいたとのこと。 マイクロソフトが取り組んでいた機能は5つのカテゴリーがあり、17のジェスチャーが用意されていたとのこと。

  • 電話を起こす - 画面をダブルタップする従来の方法に加え、電話を持ち上げてから電話に目を向けると氏リープ解除も出来たようです。
  • 持つ方向を認識 - 電話を持っている手の握り方を検知し、握り方に合わせて画面ロックを行うというオプションです。 ベッドで横になっているときに縦画面で使っていたのに、画面が横(ランドスケープ)になったということが防げます。
  • 自動でスピーカーモード - 通話中にテーブルに置くとスピーカーモードになります。持ち上げると受話器からの音に戻ります
  • アラーム解除 - アラームの解除は電話を覆うだけで解除出来るようになります
  • 電話のようにコルタナ - スマホを耳に当てるとコルタナといつでも会話できます

Lumia 950に何があったのか

これらのジェスチャーがもしも有効になっていればLumia 950はもっとスマートなスマートフォンになったでしょう。 しかし最終的には製品化されませんでした。 これらの機能の殆どは現在ハイエンドのAndroidスマートフォンやiPhoneでも利用できない機能です。

ジェスチャーをスマートに活用することは生産性を向上させる優れた方法ですが、将来のマイクロソフト製デバイスにこの技術が生かされるのかは非常に気になるところではないでしょうか。

 

Microsoft Lumia 950 originally had gestures that made it much 'smarter' | Windows Central
Microsoft Lumia 950 originally had gestures that made it much 'smarter' | Windows Central

We go hands-on with an early Lumia 950 prototype featuring s ...

続きを見る

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-WindowsPhone

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.