Windows:Accessory

Surface Headphones 2、Surface Headphonesと何が変わった?音質向上など。

マイクロソフトは2020年5月にSurface Headphones 2を発売します。旧モデルのSurface Headphonesは2019年1月に発売されたので、1年弱で新モデルがリリースされたことになります。今回の新モデルではどのようにアップグレードされたのか、見ていきましょう。

 

Surface Headphones 2とSurface Headphones 1の違いについて

さっそく違いを見ていきましょう。

 

問題のあった音質の改善

当サイトでも以前Surface Headphonesのレビューを行った際、音質面に関しては改善の余地があると評していましたが、Surface Headphones 2ではOmnisonic Audioにアップグレードされ、音質が改善されたようです。また従来はBluetoothオーディオの基本コーデックであるSBCしかサポートされておらず、競合製品よりも劣っていましたがaptX Bluetoothコーデックもサポートされました。

 

付け心地の改善

新しいSurface Headphonesのイヤーカップは180度回転するようにアップグレードされました。これにより音楽を中断して首にかける際でも違和感なく首にかけることが可能になっています。

 

ノイズキャンセルの改善

好評だったアクティブノイズキャンセリングは強化され、特に人間の声にフォーカスした調整が行われています。

 

バッテリーの改善

バッテリーは従来の15時間から20時間にアップグレードされ、急速充電の場合5分の充電で1時間使用することが出来ることも明らかになっています。

 

Surface Headphones 2は買いなのか?

実際にまだSurface Headphones 2を触っていないのでまだスペックや海外メディア評価を見た上での判断としては、Surface Headphones 1から十分に進化したデバイスだと思います。ハードウェア敵にも装着感の改善がありますし、前モデルで一番気になっていた音質周りにも大幅の改良が見られているため、Surface Headphones 2、かなり進化したマシンといえそうです。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows:Accessory
-, , ,

© 2020 WPTeq