Windows

Microsoft Edge、リソースコントロール機能を搭載!最大RAMを設定して快適に。

Microsoft Edge Ram

Microsoft Edgeは過小評価されている部分が多いインターネットブラウザーです。Microsoft EdgeはGoogle Chromeとほぼ同等の機能を持っているだけでなく、Windows上でより便利に使えるように独自の改良も見られています。パフォーマンス管理機能もその1つです。

RAMリミッター搭載

現在Edgeにはリソースコントロール機能が搭載されていますこれはMicrosoft Edgeの設定からアクセスすることが出来、Microsoft Edgeが使用するRAMの量を調整することが出来ます。RAMを制限した場合一定のRAMまでしかMicrosoft EdgeはRAMを消費しなくなります。

ただしRAMを制限した場合、Microsoft Edgeのブラウジングパフォーマンスの低下が起こる可能性があります。

この機能はRAMが十分にないPCでMicrosoft Edgeを使用する場合に役に立つ可能性があります。

他にも便利なパフォーマンス機能あり

Microsoft Edgeでは使っていないタブを一時的にスリープにしてCPUやRAMを解放したり、効率モードでPCゲーム使用時やバッテリー使用時にブラウザーの消費エネルギーを抑えることが可能です。こういった機能の充実はユーザーにとって嬉しい物です。

 

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Windows
-, , ,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました。

広告をブロックしていることを検出しました。

ブラウザーまたはアドオンの設定から搭載をホワイトリストに入れるか、広告ブロッカーを無効化してください。

当サイトは広告収入によって運営されており、広告ブロックを回避され続けている場合、サイトの運営は不可能になります。

昨今はアドブロック機能内蔵ブラウザーが増えてきたことにより、ほとんどの方が広告を無視するようになっており、運営に深刻な影響が出つつあるため、検出機能を有効にさせていただきました。

ご協力お願い致します。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO