Windows

Windows 11 サードパーティウィジェットはパフォーマンスへの影響は最小限にとどめる。

Windows 11の新機能の1つに「ウィジェットパネル」または「ウィジェットボード」と呼ばれる機能があります。これは実質的にWindows 10のニュース&興味のリブート機能で、Windows 11のウィジェットパネルではニュースやストアからのお知らせが表示できます。

現時点では制限が多い

Windows 11のウィジェットパネルは現時点ではマイクロソフトが開発したネイティブアプリしかサポートされていません。そのため、天気予報、スポーツ、ニュース、Microsoft ToDo、フォト、カレンダー、ストアといった一部のWindows 11純正アプリからの更新情報が表示できます。

ウィジェットは一部のデータのみを使用する

Windows 11のウィジェットは2022年後半にサードパーティアプリにも開放される可能性があります。マイクロソフトの資料によれば次のように記載されています。

ウィジェットは、JSONで記述されたAdaptive Cardsを利用しており、アプリやサービスがオープンにデータを交換できるようになっています。Adaptive Cardsを使用することで、MicrosoftはJSONを特定のアプリケーションのコンテナ/ウィンドウに自動的に適応するネイティブなUIに変換することができます。

また資料にはパフォーマンスに与える影響は最小限であることも記載されています。

Microsoft says Windows 11's 3rd-party widgets won't really cause performance issues
Microsoft says Windows 11's 3rd-party widgets won't really cause performance issues

One of the new features in Windows 11 is its Widgets panel o ...

www.windowslatest.com

--

-Windows
-, ,