Windows

Windows 11 クリーンインストールで消えるアプリとは?

Windows 11では今までWindows 10からアップグレードすることが推奨されてきました。しかし最近はWindows 11のライセンスの販売も行われており、新規インストールでクリーンインストールすることも出来るようになっています。

ここで注意して欲しいのが、Windows 10で存在した一部のアプリがWindows 11でクリーンインストールした場合は入っていないということです。

Windows 11クリーンインストールとアップグレードの違い

クリーンインストールの場合以下のアプリケーションが収録されていません。

アップグレード クリーンインストール
3D ビューアー ×
OneNote for Windows 10 ×
ペイント3D ×
Skype ×

これらのアプリケーションをWindows 11で引き続き使い続けたい場合、Microsoft Storeからインストールする必要があります。

ほとんどは代替アプリが用意されている

OneNoteはWindows10版ではなくOffice版、ペイント3Dの代わりにペイント、Skypeの代わりにMicrosoft Teamsというように、Windows 11では標準アプリが変更されています。使い勝手が異なるため従来のものがいい場合はダウンロードし直す必要がありますが、ほとんどの人にとっては問題ないと言うことなのかも知れません。

--

-Windows
-,