Windows

Windows 11で現在不足している機能と廃止された機能まとめ。

Windows 11はWindows 10の次の次世代OSとして2021年後半に提供される予定です。多くの新機能が提供される一方で、Microsoftはあまり使われていない機能を削除しています。

削除される機能でもっとも注目すべきものの1つは、タスクバーからアクセス可能なWindowsタイムラインで、過去に遡ってファイルを開くことが出来る機能です。またタスクバーの機能はそのほかにも多くの機能が削除されており、タスクバーの位置情報を変更機能や右クリックメニューについてもいくつかの機能が削除されています。

現時点では削除・廃止された機能

Windowsタスクバー

  • Peopleアプリのアイコンがタスクバーから削除されました。
  • 一部のアイコンは、システムトレイ(システムトレイ)に表示されない場合があります。
  • タスクバーの配置(場所)が画面の下部になり、変更できなくなりました
  • タスクバーが書き直され、サードパーティのアプリはAPIへのアクセスが制限されます。その結果、アプリはタスクバーの一部の領域をカスタマイズできなくなりました。
  • タスクバーの右クリックがなくなりました。
  • タスクバーのラベル表示がなくなりました。
  • Cortanaボタンがなくなりました。

アクションセンター

Windows 11ではアクションセンターの代わりに通知センターとクイック設定の2つの別個の機能に置き換えられました。現時点ではクイック設定はジェスチャーがサポートされておらず、タブレットユーザーの場合タスクバーにアクセスする必要があります。

デスクトップ壁紙の同期

Microsoftアカウントでサインインすることで利用できた壁紙の同期機能が廃止されました。

アプリ

次のアプリはプリインストールではなくなりました。Microsoftストアから入手することが出来ます

  • 数式入力パネル
  • ウォレット
  • 3Dビューア
  • OneNote for Windows 10
  • ペイント 3D
  • Skype
  • Internet Explorer

スタートメニュー

  • ライブタイルが廃止されました。
  • レイアウトやサイズ変更が出来なくなりました。
  • 推奨の項目のカスタマイズが出来なくなりました。

Windows 11とは

マイクロソフトが開発したWindows NT系OSの最新版です。Windows 10と同様に無償アップグレードで2021年秋に提供される予定です。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-