Windows

Windows 11で廃止や削除された機能のリスト、Internet Explorerやタイムラインなど。

マイクロソフトはWindows 11でいくつかの新機能と改善点があります。新機能が多く提供される一方で、Windows 10で利用できたいくつかの機能やアプリが削除されます。例えばタイムライン機能は廃止されました。またタブレットモードも廃止されています。

Windows 11で廃止や縮小された機能たち

  • Cortana は初回のシステム起動時に起動されなくなり、タスクバーへのピン留めも行われなくなります。
  • デスクトップの壁紙は、Microsoft アカウントでサインインした場合、デバイス間の移動ができません。
  • Internet Explorer は無効になります。従来の Internet Explorer ベースの Web サイトやアプリケーションに直接アクセスできる「Internet Explorer モード (IE モード) 」を搭載した Microsoft Edge をご利用ください。
  • 数式入力パネルは削除されます。数式認識エンジンはオンデマンドでのみインストールされ、数式入力コントロールと認識機能が含まれます。OneNote 等のアプリ内での数式手書き入力はこの変更の影響を受けません。
  • ニュースと関心事項はタスクバーから削除されます。ウィジェットが代わりに同様の機能を提供します。
  • ロック画面の簡易ステータスと関連設定は削除されています
  • S モードは Windows 11 Home Edition のみで利用可能になります。
  • Skype 今すぐ会議 は Chat に置き換えられました。
  • Snipping Tool は今後も使用できますが、Windows 10 での旧デザインと機能は、切り取り & スケッチと呼ばれていたアプリのデザインと機能に置き換えられました。
  • スタートメニューは Windows 11 で大幅に変更され、主な廃止や削除の対象は以下の通りです。
    • 名前付きグループやアプリのフォルダーには対応しなくなり、レイアウトは現状ではサイズ変更できません。
    • Windows 10 からアップグレードしたときピン留めしてあったアプリとサイトは移行されません。
    • ライブ タイルは使用できなくなります。一目で見られるダイナミックなコンテンツについては、新しいウィジェット機能をご覧ください。
  • タブレット モードはなくなり、キーボードの取り付けと取り外しに対応する新しい機能が追加されました。
  • タスクバー の機能が以下のように変更されました。
    • People はタスクバーからなくなります。
    • アップグレード前にカスタマイズしたアイコンを含む一部のアイコンは、アップグレードしたデバイスのシステム トレイ (systray) に表示されなくなります。
    • 位置は画面下部にのみ表示できます。
    • アプリはタスクバー エリアをカスタマイズできなくなります。
  • タイムラインはなくなります。Microsoft Edge で一部の同様の機能を利用できます。
  • タッチ キーボードは 18 インチ以上のモニター画面ではキーボードのレイアウトをドック/アンドックできなくなります。
  • Wallet はなくなります。

以下のアプリはアップグレードで削除はされませんが、新しいデバイスや Windows 11 のクリーン インストールではインストールされません。これらのアプリは Microsoft Store からダウンロードできます。

  • 3D ビューアー
  • Windows 10 向けの OneNote
  • ペイント 3D
  • Skype
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications

www.microsoft.com

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,