Windows

Microsoft Edgeが『Windows 10で最高のパフォーマンスを発揮するブラウザーである』理由。

マイクロソフトは開発者向けブログで、Microsoft Edge 91がWindows 10で最高性能のブラウザーになることについて語りました。その理由はマイクロソフトが新たに開発した2つのテクノロジーにあります。

スタートアップブースト

新機能『スタートアップブースト』を使うと、一連のMicrosoft EdgeコアがEdgeを閉じているときでも動作するようになり、起動の準備を行うようになります。そのため、Microsoft Edgeをより迅速に起動することが可能になります。

Microsoftによると、コンピュータの電源を入れてMicrosoft Edgeを使用するまでのプロセスが遙かに高速になるとのこと。

スリープタブ

新しいスリープタブ機能は、ブラウザーで複数のタブを同時に使用する際のパフォーマンスを改善します。未使用タブのシステムリソースを解放することにより、Microsoft Edgeブラウザーのパフォーマンスを最適化します。プレビュービルドのテスト結果によると、最大82%のメモリ節約効果が期待できるとのこと。新しいスリープタブは、バックグラウンドで開かれる広告をすぐにスリープ状態にしてリソースを節約します。またWindowsのシステムリソースを節約する改善も行われています。

What’s new for Microsoft Edge at Microsoft Build 2021 - Microsoft Edge Blog
What’s new for Microsoft Edge at Microsoft Build 2021 - Microsoft Edge Blog

blogs.windows.com

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5