Windows

Microsoft Edgeアドオンストア、いくつかの悪意のあるアドオンを削除。

MicrosoftはGoogleとBingの検索結果に広告を挿入しているという懸念がある5つの悪意のアルEdgeアドオンをストアから削除しました。これらの偽のアプリは合法的なアプリを装って登録されていましたが、実際には許可なく広告を挿入していた疑いがあります。

 

問題があるアドオン

問題があるアドオンはNordVPN、Adguard VPN、ThnnelBear VPN、The Great Suspender、Floating Playerの5つのアドオンです。これらはChrome Webストアの正規アドオンと同じ名前ですが、広告を挿入されるように手を加えられているようです。

この不審な動作は先週報告され、Edgeエンジニアによって調査されすぐにストアから削除されたようです。

 

必ずしも安全ではないストア

Microsoft Edgeアドオン Store及びChromeアドオンストアでは簡単な審査は行われていますが、悪意のアルアドオンはこっそりと審査をすり抜けています。アドオンの導入には発行元の名前、プライバシーポリシーを十分に注意し、レビューの確認なども行った上で利用するようにしましょう。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5