Windows

Microsoft、Chromium開発への貢献をアピール!Google ChromeもMSが大きく改善。

マイクロソフトはEdgeHTMLレンダリングエンジンの開発を諦め、現在はGoogleのオープンソースChromium レンダリングエンジンを採用しています。ただし他の企業とは異なり、Googleからレンダリングエンジンを借りているだけでなく、マイクロソフトはChromiumコミュニティに積極的に参加し、熱心に開発を進めています。

 

多くの機能が改善

マイクロソフトがChromiumに参加したことで、少なくとも分かっているだけで1835個の変更が行われました。具体的には以下のような改善はマイクロソフトによるものであり、これらはGoogle Chromeなどの他のChromiumブラウザーでも採用されています。

  • アクセシビリティ
  • バッテリー寿命の改善
  • HTMLフォームコントロール
  • メディア再生
  • キャンバスレンダリングのパフォーマンス
  • Windowsフォントレンダリング
  • レイアウト
  • スクロール
  • 編集と仮想キーボード
  • WebXR
  • HTML、JSON、CSSモジュール
  • プライバシー– StorageAccess API
  • エンタープライズ、リリースの品質とセキュリティの改善

 

Microsoft Edgeを使おう

Microsoft EdgeはChromiumエンジンを採用した高速、安全なインターネットブラウザーです。Google Chromeのアドオンをそのまま利用することが出来る軽量なブラウザーとして多くのWindowsユーザーが乗り換えを開始しています。

 

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-, ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5